村上信五★新元号・令和★本当ありがたい!&声弾ませて歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「村上信五★新元号・令和★本当ありがたい!&声弾ませて歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五くんと経済クン」「文化放送、3月30日放送」にて、「“新元号”」について語る場面がありました。

番組冒頭、共演の「文化放送・長麻未アナウンサー」から近況について質問された「村上信五」は、「今週、ようやく解放されたといいますか。あの、元号発表。新元号発表の話。うーん 大喜利みたいに「なんやと思いますか?」「と聞かれること」から、ようやく解放される」と、ほっとした口調で話し出しました。




「いやホンマにね、元号ですから。あんまりアホなこと言えないでしょ?かといって、そんな気の利いたことも言えない。なにを答えても、良い空気にならんという」とつぶやいた「村上信五」は、ここ最近、「マスコミ」から新元号を予想するように言われ、かなり参っていた様子です。そして「これからやっと解放される。いよいよですよ!もう本当ありがたい!」と声を弾ませました。

これを聞いた「長麻未アナウンサー」が「芸人さんでもないのに、そんなにそういった質問が?」と驚くと、「村上信五」は「いや多分これは、タレントさんとかみんな。特に芸人さんは大変やったと思いますよ」と同情します。「長麻未アナウンサー」が「ちょっとボケなきゃいけないけど、ボケたらちょっと空気が変なことになると?」と掘り下げると、「村上信五」は「そう!これから解放された」と言い、独特な理由で新元号の発表を喜んでいました。

また、この日は「自分の平成事件簿 第30位」を「テーマ」に「メッセージ」を募集しており、ある「リスナー」からは「落とした「“たまごっち”」が無事に帰ってきた」という、ほっこりする話が届きます。「メッセージ」にあった「村上くんは「“たまごっち”」ハマりました?」という質問には、「ハマりはしなかったですね。持ってたは持ってましたよ」と回答します。「1995年」に「ペット育成ゲーム」として誕生し、社会現象になるほど大流行した「たまごっち」は、「嵐・相葉雅紀、松本潤、関ジャニ∞・横山裕」が「CM」に主演したこともありました。




「村上信五」は、「横山裕」から「たまごっち」をもらい、「ちょっとやってたんですけど」と遊んだことはあるそうです。ですが、「僕はですよ そんなに、育てる意味がわからなかった」と吐露します。「長麻未アナウンサー」が苦笑いする中、「村上信五」は「「この先になにがあんねん!」って思ってしまい」と、そもそも「“育成”」の楽しさがわからなかったと主張しました。そして、「ゲームの面白みを見出せなかった、最低のユーザー!」と自虐する「村上信五」を、「長麻未アナウンサー」が「人それぞれですね」と優しく「フォロー」したのでした。

「4月1日」には、新元号「令和」が発表になりました。新しい時代も、「関ジャニ∞」と「村上信五」の活躍を期待したいものですね。

「村上信五」の場合、仕事柄どうしても経済などの番組を持っているだけに新元号の質問には避けられない立場にありますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。