大倉忠義★ギター特集に不満★何回でもやれば&不貞腐れた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★ギター特集に不満★何回でもやれば&不貞腐れた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「3月31日」の放送は、「ソロギタリスト」の「鳥山雄司、ポルノグラフィティ」の「ギター・新藤晴一、シンガーソングライター」の「Rei」を迎え、「プロ」が厳選した「“カッコいいギタープレイ”」を一挙公開する「やっぱりカッコイイ!ギター特集」が行われました。




これまで、「ドラム」や「ベース、管楽器」に「ピアノ」とさまざまな楽器が取り上げられてきましたが、視聴者からの要望や疑問が多いのは、「ギター」絡みの特集なのだといいます。そこで番組支配人の「古田新太」に「どう思いますか?リズム隊のみなさま」と話を振られたのが、「関ジャニ∞」で「ドラム」を担当している「大倉忠義」と、「ベース」の「丸山隆平」でした。

これに「大倉忠義」は、「いろんなね、ドラムの回ギターの回、好評いただいてますが 結局戻ってくるの、ここ「ギター」ですよ」と不満げに「コメント」します。「村上信五」から「今日はきれいに後列やもんな。ベースとドラムがな」と指摘されたように、「大倉忠義」と「丸山隆平」は後列、「ギター担当」の「錦戸亮」と「安田章大」は前列に着席しており、どうしても「ギタリスト」が「リスペクト」されやすい傾向にあることに対し、納得がいっていないようです。

ですが、「VTR」でさまざまな「ギタープレイ」を見た「大倉忠義」は、最終的に「やっぱあんだけのレジェンドを見てると、花形やなと思わな〇△※☆、ね! 思わざるをえない」と動揺しつつも、「ギター」の「スゴ」さを認めるしかなかったようです。ですが、「村上信五」に「やっぱギターというのはな、花形になってしまうのは「当然だ」」と言われると、「大倉忠義」は「だから何回でもやれる やればいいと思う、このギター「の特集」」と、不貞腐れた表情を浮かべます。やはり最後まで「ギタリスト」を認めたくない、負けず嫌いな「大倉忠義」でした。




また、「ジャムセッション」の「コーナー」では、「エリック・クラプトン」の「Layla」を「トリプルギターアレンジ」で披露しました。「ギター」の演奏は今回登場した「3人」の「アーティスト」に任せて、「錦戸亮」が「ボーカル、丸山隆平」が「ベース」を担当。すると、「全フレーズ英語」の洋楽を「シャウト」するように歌い上げた「錦戸亮」に対し、「ネット」上で「えっ 錦戸?めちゃくちゃ歌うまい!」「錦戸亮の「Layla」がかっこよすぎて驚いた。英語の歌詞でも違和感なく歌っててすごい」「錦戸亮×洋楽×ロックは間違いない!かっこいい!」と、絶賛の声が続出しました。

「渋谷すばる」脱退以降、「リードボーカル」としての魅力にますます磨きがかかっている「錦戸亮」です。ぜひこのまま、「関ジャニ∞」を引っ張る存在でいてくれることを願いたいですね。

「大倉忠義」の言っていることにも一理あるとは思いますが「村上信五」の言っていることが正論に聞こえてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。