亀梨和也さん★平昌五輪会場・櫻井翔さん遭遇★ささやかなジャニーズ交流報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「亀梨和也さん★平昌五輪会場櫻井翔さん遭遇★ささやかなジャニーズ交流報告」の事をお伝えしたいと思います。

2月17日放送」の「ラジオ」「KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT」「FM NACK5」にて、「KATTUN」の「亀梨和也さん」が「GoingSportsNews」「日本テレビ系」での「平昌オリンピック」取材にて、「櫻井翔さん」と遭遇したことを報告しました。

亀梨和也さん」は番組内にて「リスナー」から届いた「平昌オリンピック」の「感想メール」をいくつか紹介した後、「「ボク9日の開会式から韓国平昌にお邪魔しまして、「13日」、日本に帰ってきましたまあ正直言うと今まさに羽田空港からそのままこのラジオを収録しているというところです」」と帰りたて「ホヤホヤ」の状態で「ラジオ収録」を行うという、多忙な様子を語りました。




9~12日」まで韓国に滞在し、毎日選手の活躍を「レポート」した「亀梨和也さん」でした。「11日」には「フィギュアスケート団体戦」の取材で、先輩である「櫻井翔さん」と現場で遭遇したそうです。「「フィギュア会場日本テレビさんの中継がありましてそこに櫻井翔くん」、「太一アナウンサー」、「後藤晴菜アナウンサー」、そして荒川静香さんもいらっしゃって観終わった後にごあいさつに行かせてもらいました」と声を弾ませました。

亀梨和也さん」は続けて、「実は開会式の日、「翔くんが座っていた席の前をボクが帰り際通ったらしいんですよねそれを聞いてたんですみませんでしたごあいさつできなくて」「亀梨さん」「全然全然」「櫻井さんっていう会話をしてごあいさつ お会いすることができました」などと、持ち前の礼儀正しさを感じさせる「エピソード」を語りました。

そんな「亀梨和也さん」は、滞在期間中に食べた韓国料理についても「リスナー」に報告しました。「9日」の開会式後に宿泊施設に戻ったものの、深夜「0時」を超えていたため、飲食店が閉まっていたそうです。「「どうするどうする?」っつってみんなで探し回ったんですけど結局近くのコンビニに行きまして。「スタッフさん」と「マネジャーさん男4人夜にインスタントラーメンを作るという」」と、ちょっと悲しい「エピソード」があったようです。とはいえ、やはり韓国の味を楽しみたかったようで「「キッチンが付いているところだったんですよなので「“辛い有名なやつ”」をですね鍋で作って夜中みんな4人で腹ごしらえして次の日に控えた初日でした」と「ドタバタ」だった「エピソード」を語りました。




さらに「亀梨和也さん」は次の日の「ランチ」で、江陵名物の「スンドゥブ」を食べたことも報告しました。「日本ってやっぱスンドゥブって赤い唐辛子がしっかり入ってちょっと辛めじゃないこのお店ね白のスンドゥブっていうのもあって辛くない、「タレをちょっと入れたりとかして食べるようなものがあったりその両方をみんなでシェアしながら食べたんですけど非常においしかったです」と現地の味を堪能したと声を弾ませていました。

かなり忙しい「4泊5日」の韓国取材だったようですが、忙しい中でも旅を楽しんだ様子の「亀梨和也さん」でした。充実した時間を過ごしたことがよくわかる放送でした。

日本でも外国でも先輩に遭遇したら挨拶などの礼儀作法は絶対なんですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。