嵐★チケット本人確認★強化に賛否★転売チケット壊滅★ファンの行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★チケット本人確認★強化に賛否★転売チケット壊滅★ファンの行動」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「11月」に「スタート」し、今年「12月」まで続く「ARASHI Anniversary Tour 5×20」です。来年末で「グループ活動」を休止する「嵐」にとっては史上最大規模の「ツアー」となりますが、入場の際は「チケット」の名義を「チェック」する「“本人確認”」を積極的に行う予定だといいます。公演まで「2週間」に迫り、「ファン」の間では「ジャニーズ事務所サイド」の対応に注目が集まっています。

今回の「ツアー」は「札幌ドーム、福岡 ヤフオク!ドーム、東京ドーム、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪」の「5大ドーム」で「全50公演」開催し、総動員数は「237万5,000人」になる見込みです。今年「1月」の「京セラドーム大阪公演」を終えてから、「ツアー」は中休みに入りましたが、「4月13日」の「ナゴヤドーム公演」から再開します。「4月」上旬には、「ファンクラブ会員」向けの「メール」が配信され、「コンサート来場予定」の人たちへ向けて「公演当日、ご入場時に本人確認を行います」と「アナウンス」。「入場ゲート」では「デジタルチケット」「QRコード」だけでなく、代表者と同行者の会員証、顔写真付きの運転免許証や「マイナンバー個人番号カード」などの本人確認証明書を提示する必要があるといいます。




来場者全員が証明書を持参しなければ、「ご入場時いただけない場合がございます」と注意点を記しており、「ジャニーズサイド」は本気で不正防止に取り組んでいる模様です。その姿勢を評価する声も多く上がる一方で、転売目的で「チケット」を確保している人たちや、親戚や友人に借りた名義で当たった人も大勢いるとされるため、「本人確認を厳密にやったら空席祭りなのでは」といった反応もあるようです。また、「嵐」の「コンサート」で過去に「デジタルチケット」を導入した時は、「顔認証」と通達しておきながら、実際は「“係員の目視”」だったこともあり、今回の「“本人確認”」がどの程度なのか気にする「コメント」も見受けられます。

「嵐」の「コンサート」は「ジャニーズ」で最も「チケットが取りにくい」と言われ、さらに「今ツアー」は、「20年」での活動休止が決まっているだけに「プラチナチケット化」。これまでであれば、「大手売買サイト、オークションサイト」で高値で取り引きされるような状況ですが、「4月4日」時点で「購入・落札」できるものはほとんどない状態です。

これは「ファン」の力によるものでしょう。「売買サイト」に出品された分を片っ端から事務所に通報し、情報提供をすることで、「転売チケット」を「“摘発”」したようです。「4日」の段階で一部掲示板や「Twitter」で交換や譲渡の呼びかけはあるものの、「売買サイト」はほぼ機能していません。熱心な「ファン」の怒りが転売撲滅につながったのかもしれません。




一方で、「ジャニーズ」の「ファンクラブ」は「チケット等」を発送する都合上、入会は日本居住者のみ「日本国内の住所の登録が必須」としています。そのため、海外の「ファン」は日本在住の友人などに住所を借りている「ケース」も少なくないといいます。今回の案内には外国籍の人に関して、「自国のパスポートなど、会員登録住所の記載がないものは本人確認ができません」と説明書きがあるため、「SNS」上の「海外ファン」は「外国のパスポートで本人確認ができないってことは、申し込む前に教えてほしかった」「海外ファンは本人確認できないから入場断られるの?住所借りてる人はたくさんいるよ。本人なのにコンサート見れないんだ」「海外に住んでいてパスボートは外国。でも会員証やファンクラブから送られて来た手紙は持ってる。ダメ?」と、困惑しています。こうした「海外在住ファン」の叫びにどう対処していくのか、まだまだ課題点はありそうです。

「4月」以降の公演は、「ルール」を守った「ファン」が気持ちよく「コンサート」を楽しめることを願いたいですね。

転売で「チケット」が高騰して購入するよりも良いかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。