平野紫耀★演技力と声★不安視★ジュリー氏のオキニ★成長したゆえん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「平野紫耀★演技力と声★不安視★ジュリー氏のオキニ★成長したゆえん」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・平野紫耀」が主演を務める映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」「9月6日公開予定」の「メインビジュアル」が公開され、「ファン」を中心に盛り上がりを見せています。「一部ネット」上では、「平野紫耀」の演技力や特徴的な声に否定的な意見もありますが、業界関係者の間では「それでも平野は今後ますます活躍するだろう」と言われているようです。

同映画の原作は、「漫画家・赤坂アカ氏」が「週刊ヤングジャンプ」「集英社」で連載中の人気作品です。「平野紫耀」が演じるのは、秀知院学園の「生徒会会長・白銀御行」で、「ヒロイン」の「副会長・四宮かぐや役」には「橋本環奈」が起用されています。「4月2日」に公開された特報映像で「キャストビジュアル」も解禁となり、「ネット」上には「紫耀くんイケメンすぎてヤバい!」「動画で銃を構えてる紫耀くんカッコイイ~!」などと「ファン」の歓声が上がっています。




ですが一方で、「平野は演技が心配なんだよなぁ」「平野のかすれ気味の声は、白銀の知的なイメージと合ってない」という書き込みも少なくありません。

声については、「橋本環奈」もやや「ハスキー」なので「個性的な声の主人公&ヒロインだね」といった「コメント」も聞かれるようです。それに加え、「平野紫耀」は演技面でも「拙い」といった声が散見されます。ただ、それでも業界内では「平野には圧倒的な華がある」と、一目置かれているようです。

「平野紫耀」は昨年「4月」の「連続ドラマ」「花のち晴れ~花男 Next Season~」「TBS系」で「主演・杉咲花」の相手役を務めましたが、その現場でも周囲の関係者を唸らせていたようです。

演技に関しては、確かに難があったものの、「平野紫耀」の華のある「ルックス」と存在感は、完全にほかの「キャスト」を圧倒していたそうです。そのため周りは、自然と「平野紫耀」を座長と認めていったようです。




また、「平野紫耀」の特徴的な声をめぐっては、ある「“逸話”」も気かれたようです。

「平野紫耀」本人も自分の声を気にしていたそうですが、「ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏」が「Youの魅力はその声だよ」と「フォロー」した、という話があります。確かに彼の声は一度聞いたら忘れられない、唯一無二の声質のようです。さらに言えば「平野紫耀」は、「ジャニーズ」の「“次期社長”」と言われる「藤島ジュリー景子副社長」の「“オキニ”」の一人です。なんでも、「ジュリー景子副社長」は、「平野紫耀」のような「“仕事に対して真面目に取り組むタイプ”」を気に入る傾向があるようです。「キンプリ」は今後、活動休止となる「嵐」の後継者的な「ポジション」に据えているようですし、「平野紫耀」を筆頭に活躍の場を増やしていくことでしょう。

この先、「平野紫耀」がその声こそを武器にして、今より演技力も身につけられたなら、無敵の存在感を発揮するに違いないないでしょうね。

華のある「存在感&ルックス」はさておき一番の強みは「ジュリー氏」の「オキニ」だということかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。