濱田崇裕★年齢サバ読み発覚★30歳なのに13歳で通した訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「濱田崇裕★年齢サバ読み発覚★30歳なのに13歳で通した訳」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「人に役立つミッション」に体当たりで挑む「バラエティ」「エージェントWEST!」「朝日放送」です。「4月6日」深夜回では、英語の苦手な「濱田崇裕」が外国人観光客をもてなす「人気コーナー」「リアルJAPANナビゲーターHAMADA」を放送しました。




「コーナー」冒頭、「スタジオ」で「濱田崇裕」が「メンバー」に対し「オススメの英語を教えたいと思います!」と突然切り出し、「“便利な英語”」として「Just because「とにかく好きである」」を伝授します。すると、「中間淳太」から「「その単語は」今回のVTRで出てくるんですか?」と尋ねられ、「濱田崇裕」は「出てきません!」と「キッパリ」。これには「メンバー」から「なんやねん!」「なんの時間やねん!」と「総ツッコミ」を受け、「濱田崇裕」は出だしから「“トンチンカン”」ぶりを発揮していました。

そして、今回もこの「コーナー」お馴染みの「“濱田イングリッシュ”」は健在でした。「東京・秋葉原」にて、最初に「インタビュー」をした外国人男性が、見た目よりも若い「26歳」であったことに驚いた「濱田崇裕」は、「俺より若い!」と興奮します。「濱田崇裕」が「I’m thirteen.「俺は13歳さ」」と話すと、外国人男性は「You are thirteen?Are you really?「マジで13歳なの?」」と驚きを隠せない様子で、「Now way!「そんなバカな!」」と言い残し、逃げるようにその場から立ち去ってしまいました。

逃げられた理由がわからず戸惑う「濱田崇裕」でしたが、その後「スタッフ」から「13歳って言ってました」と指摘され、「“thirty”」「30歳」と「“thirteen”」「13歳」の間違いにようやく気がつきます。この大間違いには、思わず膝から崩れ落ちてしまう「濱田崇裕」でした。




次に「インタビュー」をしたのは、若い「外国人カップル」でした。実はこの旅行中に男性が「プロポーズ」をしたらしく、本人から「I asked her to marry me on this trip.「日本旅行中にプロポーズしたんだ」」と説明が。これを聞き、「濱田崇裕」は「指輪は日本で買って、今は観光してる!」と独自の解釈をしてしまい、「VTR」を見ていた「メンバー」から「バーカ!」と口々に「ツッコミ」が入っていました。

今回も安定のおとぼけぶりで、「メンバー」から愛ある「ツッコミ」を受けていた「濱田崇裕」でした。見ていた「ファン」からも「13歳と30歳の間違いはヤバすぎる」「今日の濱ちゃんはいつにも増してアホだった「笑」」「メンバーが楽しそうにツッコミ入れてるのがかわいかった~みんな濱ちゃん大好きね」との声が聞かれました。やはり「濱田崇裕」は、「ジャニーズWEST」に欠かせない「ムードメーカー」のようですね。

「濱田崇裕」の「アホ」さも「ファン」に愛される魅力の一つなのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。