関ジャニ∞★殺意芽生える発言連発★ゴスペラーズにそりゃそうだ&同情の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★殺意芽生える発言連発★ゴスペラーズにそりゃそうだ&同情の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「4月7日」の放送は、「アカペラグループ・ゴスペラーズ」と「Little Glee Monster」が「ゲスト」として登場しました。数々の「アーティスト」の「コーラス」を担当する「シンガー・今井マサキ」解説のもと、「アカペラ」の謎と魅力に迫りました。

まず基本として、「アカペラ」には「メインメロディ」を歌う「“リード”」と、「伴奏パート」を担当する「“バッキング”」という役割があることを学んだ「関ジャニ∞」です。さらに、同じ歌詞で「ハモ」る「“字ハモ”」、和音を「キレイ」に響かせるために「“ウー・アーでハモる手法”」、「リズム」を担当する「“ベース音”」や「“ドラム音「ボイスパーカッション」”」など、音を表現する方法は非常に多いようです。




「アカペラ」で歌う前には、鳴らすと「ラ」の音が聞こえる「“音叉”」という道具を使い、音合わせをするのが一般的だそうです。ですが、「Little Glee Monster」はまったく音合わせをせず、いきなり「メンバー間」で音程を合わせることができるようです。これには「ゴスペラーズ」の「メンバー」も、「最初見たとき「“マジック”」かと思いました」と衝撃を受けた様子でした。一方で、曲中にも音叉が手放せない「ゴスペラーズ・北山陽一」は、「僕は瞬時に「Little Glee Monsterへ」「“殺意”」が芽生えましたけどね」と嫉妬心を剥き出しにします。

これには、「村上信五」が瞬時に「かわいい後輩でしょうが!悔しさでしょ?」と「フォロー」を入れましたが、「北山陽一」は「「音合わせを」失敗すると、みんながやたら音が高くて苦しんだり、やたら低くて盛り上がらなかったり」とつぶやき、苦い経験があることを匂わせました。

また、「横山裕」が「テレビって急に歌わなきゃダメじゃないですか?」と質問すると、「ゴスペラーズ」は歌う直前まで小さな声で音合わせしていることが明かされます。すると再び、「北山陽一」が「その苦労がまったくいらないのかと思うと、「Little Glee Monsterに」殺意が芽生える」と苦渋の表情です。これには、「関ジャニ∞メンバー」から「そりゃそうだ!」という同情の声が上がっていました。




一通り「アカペラ」の解説を終えたところで、「村上信五」の「マルとか得意やんか。パッと入って、そんなん対応してくれたりするんですか?」という提案により、「ゴスペラーズ」が歌う「真赤な太陽」「美空ひばり、1967年」へ、「丸山隆平」が飛び入り参加することになります。突然指名されて不安な表情を浮かべる「丸山隆平」は、歌唱中、完全に「“顔芸”」に走ってしまい、おもしろい表情を連発します。「村上信五」から「ちょっと!顔だけやん!」と強めの「ツッコミ」を入れられていました。

「ファン」からも「マルちゃん、ただの顔芸になってる「笑」」「ハモり中の顔のうるささに爆笑。視聴者を笑わせようとしすぎだぞ!」「マルちゃん絶対、村上くん待ちだったでしょ!?」など、「ツッコミ」の声が相次いでいました。

大御所の「ゴスペラーズ」でも殺意が芽生えることがあるんですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。