JUMP★振付師のガナリ声が聞こえて&アシスタントは顔面蒼白★一大事件回顧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「JUMP★振付師のガナリ声が聞こえて&アシスタントは顔面蒼白★一大事件回顧」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「JUMP da ベイベー!」「bayFM」が「4月5日」深夜に放送されました。




この日は番組が「2019年4月」で「5周年」を迎えたということで、「リスナー」に感謝を伝える「ありがとう月間」の企画が放送されることになりました。「第1回目」の放送もあらためて流されると「2人」は大照れで、「高木雄也」が「ちょっと自分が、ぶりっ子感がある」と言うと、「有岡大貴」も「ギャルみたい」と恥ずかしがる一幕もありました。

その後も「あなたのベイジャンメモリー」として、「放送5年」の中で印象的な出来事や発言などが「リスナー」から寄せられましたが、もっとも「ネット」上の反応を集めたのは、「17年2月10日」深夜放送で語られた「帝国劇場で有岡・伊野尾慧・八乙女光がおにぎり食べちゃった事件」を振り返った際の「トーク」でした。

「リスナー」から、この事件が挙げられると、「高木雄也」は「ん?これはなんだ?」と反応します。「有岡大貴」が「帝国劇場で僕たち、「JOHNNYS’ World -ジャニーズ・ワールド-」って舞台やってましたよね」と振り返り、「ジャニーズ・ワールドの稽古、ステージを使って丸1日やってたわけですよ。そんな中、私と伊野尾と八乙女が隙間を見つけて、どうしても「おなか」減っちゃったもんで、「これいけんだろ」ってタイミングで、楽屋に戻っておにぎりを食べちゃったわけですよ」と説明します。「そしたらステージ上から振付師の声で、「有岡と八乙女どこ行った、早く来い」って、ガナリ声が僕たちの楽屋に聞こえてきて、「うわー、やべえ。早く行かなきゃ~」ってことを、おにぎり食べながら言ってたんですよ、3人で」と、その時の状況を告白しました。




ですが、「マイク」をつけたままおにぎりを食べていたため、その会話はすべて「ステージ」に丸聞こえになっていたといいます。「高木雄也」も「3人ワイワイだけど、ステージのJUMPはシーン だからね」と苦笑いすると、「有岡大貴」は「で、「楽屋を出て」階段を3人で降りてたら、アシスタントさんがいて。すっげー顔面蒼白な顔で僕たちを待ってて「おい、お前ら、全部聞こえてんぞ」って」。その後、反省した表情に切り替えて「ステージ」に戻ったものの、結局怒られたことを話していました。

いまだからこそ、冗談交じりで話せる話題に、「リスナー」からは「こういうところ、昔から変わらないね!」「いつまでもやんちゃでいてほしい」「いつまでもこういうやんちゃな話題が聞けますように」といった声が集まっていました。今後も本番組の盛り上がりを楽しみに見守りたいですね。

若かりし頃の「ヤンチャ」は誰にでもあることですよね。振り返ってみると良い思い出になってるものですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。