キンプリ★スタッフ困惑★気合を入れメンバー全員で前髪を上げた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「キンプリ★スタッフ困惑★気合を入れメンバー全員で前髪を上げた」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内で放送されている「King&Prince」の「冠コーナー」が、「4月」から「リニューアル」しました。「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「メンバー」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が「スタート」しました。「4月8日~12日」は先週に引き続き、「King&Princeメンバー全員」で「バスケットボール」の練習に励みました。

先週、日本代表女子選手を擁する「チーム」「JX-ENEOSサンフラワーズ」から、基本的な「ドリブル」や「シュート」の方法を学んだ「5人」でした。今週は「オフェンス・ディフェンス」にも挑戦し、より試合に近い練習が行われました。最初はまったく選手に歯が立たなかった「5人」でしたが、「ディフェンス」はなかなか「センス」があるようです。中でも、「神宮寺勇太」は相手の目を見て「プレッシャー」を与える作戦に出て、「いいよ、そういうプレッシャーいいですよ!」と選手から褒められるまでに成長します。一方、「永瀬廉」は実践を想定した「1対1」の対決で、「“ファウルを受けたフリ”」をするという姑息な手段に出て、「神宮寺勇太」から「ダセえな!」と「ツッコミ」を受けていました。




そして、「King&Prince」の「5人 VS JX-ENEOSサンフラワーズ」の「3人」と「ハンデ」をもらい、初日に惨敗した試合の「リベンジマッチ」をすることになります。試合用に「King&Prince全員」が赤の「ユニフォーム」に着替えて登場したのですが、「メンバー」を見て「スタッフ」が「ちょっと1個いいですか?髪の毛、意味あるそれ?」と、困惑しつつ指摘しました。

というのも、着替え中に「みんなで気合を入れて前髪を上げよう」と相談したらしく、「神宮寺勇太、永瀬廉、平野紫耀、高橋海人」の「4人」は前髪を「ピン」でとめ、おでこ全開の「ヘアスタイル」にしていたのです。ですが、なぜか「岸優太」だけが頭のてっぺんで髪を結び、前髪は下ろしたままの不思議な髪形で登場します。これには「神宮寺勇太」が「この短さだと「前髪が」上がらなかったです」と解説を入れ、「僕が一応ここ「頭のてっぺん」だけ上げときました」と、「岸優太」の髪形は「“神宮寺作”」だと明かしていました。

放送を見ていた「ファン」からは、「スタッフさん、よくぞ髪の毛のこと聞いてくれた!ちょんまげかわいすぎ!」「みんな前髪上げてるのに、岸くんだけなんか変「笑」。でもかわいいよ!」「岸くんの髪の毛結んだのが神宮寺くん!クッソ萌える!」と反応があり、「レア」な髪形に歓喜していました。




肝心の試合結果は、試合終了「ギリギリ」まで「King&Princeチーム」が「リード」していたものの、「JX-ENEOSサンフラワーズ」の猛攻により、惜しくも引き分けに終わりました。「神宮寺勇太」は「引き分けですけど、実質負けです!」と、「JX-ENEOSサンフラワーズ」の底力に驚いたようで、「平野紫耀」も「めちゃめちゃ厳しい!」と悔しさを滲ませていました。ですが、「神宮寺勇太」が「ほぼ初めて僕たちバスケをやらさせていただいたんですけど、ホントに楽しさを教わりました。楽しかった!」と言ったように、「King&Princeメンバー全員」が満足そうな表情を浮かべ、「バスケ」の魅力を十分に感じることができた様子でした。

この調子で、これからもさまざまな「スポーツ」の魅力を伝えていってほしいものですね。

「新コーナー」「MEDAL RUSH」に対する「メンバー」の意気込みが伝わってきますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。