岩橋玄樹★身分証の提示求められ激昂★警察沙汰にファン心痛★脱退の懸念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「岩橋玄樹★身分証の提示求められ激昂★警察沙汰にファン心痛★脱退の懸念」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince」の「岩橋玄樹」が、「2月」に警察沙汰を起こしていたと「文春オンライン」及び「週刊文春デジタル」「文藝春秋」が報じました。「岩橋玄樹」は「昨年10月」に「パニック障害」であることを公表し、活動を休止しています。「キンプリ」は「5人」で「NHK紅白歌合戦」に出場するなど、活動を継続してきました。

そして年が明けた「2月17日、ジャニーズ事務所」は「岩橋玄樹」の一部活動再開を発表しました。「キンプリ」の「3rdシングル」「君を待ってる」は「6人」で「リリース」する予定でしたが、「2月28日」に「一部活動再開を見送り、引き続きパニック障害の治療に専念」と撤回されました。




「文春」によれば、一部活動再開の「アナウンス」から「2日後」の「2月19日」夜、友人らと一緒に原宿駅付近の「コンビニ」で酒を買い求めようとした「岩橋玄樹」は、年齢確認のため身分証の提示を求められ、激昂します。友人らを含め口論となり、店側が「110番通報」し警察に連行されたといいます。

「ジャニーズ事務所」はこのことを事実だと認めており、「コンビニエンスストアのスタッフの方の予期せぬ問いかけに対して突発的に緊張を感じて取り乱し、思わぬ形でご迷惑をお掛けすることとなり大変申し訳なく思っております」と「コメント」しています。

この情報提供者は「岩橋玄樹」の知人のようで、「岩橋玄樹」が療養に専念せず、酒を飲み歩いてばかりいると明かしています。酒で流し込むように薬を飲んでいるとの証言もあり、事実であれば素行不良などという話では済まず、「岩橋玄樹」本人にとって非常に深刻な事態ではないでしょうか。




「パニック障害」の療養中は、飲酒を控えることが望ましいとされています。「岩橋玄樹」は酒に強い方ではないと公言しており、休止前の出演番組では「外で飲み歩くこともない」と発言していました。過度の飲酒や薬の証言が事実であれば、自暴自棄のようにすら見えます。

この報道を受け、「キンプリファン」は「SNS」で悲痛な思いを吐露しています。体調や精神面を気遣う声、「岩橋玄樹」本人の言葉を待ちたいとする声、事実であれば幻滅だと嘆く声、様々です。

「キンプリ」は先月、「TVガイド 春の新番組特大号!」「東京ニュース通信社刊」誌上で、「岩橋玄樹」への「メッセージ」を送っていました。「平野紫耀」は「俺たちが言わなくても玄樹は本当のことを分かってくれている。やっぱり6人がいいなと思ったし、1人でも欠けたらKing&Princeじゃない。戻ってくるのを待ってるよ」。また、「岸優太」は「岩橋玄樹」とよく電話していると言い、「安心して」と「ファン」に向けても「コメント」していました。ですが、このままでは脱退という最悪の展開も考えられ、「岩橋玄樹ファン」はもとより、「キンプリメンバー」たちの心痛はいかがなものでしょうか。

真実を知っていまい「ショック」を受けている「ファン」のためにも本気で治療に専念して帰ってきてほしいと願うばかりですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。