松岡昌宏★小僧呼びは松岡ファミリーの証し★ジャニーズの噂を本人解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★小僧呼びは松岡ファミリーの証し★ジャニーズの噂を本人解説」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「4月14日」の放送では、「松岡昌宏」が後輩を「小僧」と呼ぶ理由が明かされました。

「2月21日放送」の「ダウンタウンDX」「日本テレビ系」に、「A.B.C-Z・河合郁人」と「ふぉ〜ゆ〜・辰巳雄大」が出演した際、「松岡昌宏」について言及しました。「河合郁人」が「TOKIOの松岡さん、仲良くなった後輩を「“小僧”」と呼ぶ」と話しだし、「松岡昌宏」は「生田斗真」や「風間俊介、関ジャニ∞・村上信五、横山裕」らを特にかわいがっていると発言します。彼らは通称「“松岡ファミリー”」と呼ばれていて、「河合郁人」と「辰巳雄大」もその中に入っているそうです。続けて、「2人」は今年の新年会で「松岡昌宏」にやっと「小僧」と呼んでもらえたと明かし、「小僧って言われたら、そのファミリーに入れたみたいな」と、喜びの表情を浮かべていました。




この「河合郁人」の発言について、「リスナー」から報告を受けた「松岡昌宏」は「そんなことないです、別に。知らない子はみんな、小僧ですから」と、笑いながらあっさり否定しました。続けて「「ウチの後輩は」とか、「ウチの何とかは」とか。ちょっと照れくさいのかな、俺」と自身がなぜ後輩を「小僧」と呼ぶのか、自問自答し始めます。

その後、「松岡昌宏」は自分が後輩を「小僧」と言い出したのは「20歳」ごろからだと明かし、時期は「ジャニーズJr.がいっぱい出始めた頃。それこそ「8時だJ」「テレビ朝日系、1998〜99年」とか、あの辺?」と言及しました。「松岡昌宏」は「いっぱい「Jr.が」出てきたから、もうメンドくせーから「小僧」って言うようになったんだよね」と、その経緯を説明していました。

さらに、なぜ「“小僧”」という「ワード」を選んだのかについては、「俺がよく行ってた寿司屋のオヤジがね、「小僧の頃は」とか「あの小僧は」ってよく言ってたの。あと、ウチのオヤジも俺のこと「小僧」って言ってたんだよね」と、周囲の大人に影響されて使い始めたそうです。




そんなことを話しているうちに、「松岡昌宏」は急に不安になった様子で「小僧って、あんまりキレイな表現ではないのかな?そんなことないよね?別に愛情がないから言ってるわけじゃないんでね」と釈明しました。最後に「俺の場合、「小僧ども」って言うからいけないんだよね。その言い方が良くないんだろうね。変わんねえなあ、ゴメン、ゴメン!」と、これまで「小僧」と呼んでいた後輩たちに謝罪していました。

「河合郁人」と「辰巳雄大」は「松岡昌宏」に「小僧」と言われて喜んでいたものの、「松岡昌宏」的にはあまり重大な意味を持たなかったようです。この放送を「2人」が聞いたら、どんな反応をするでしょうか。

「松岡ファミリー」入りを認めないところが「松岡昌宏」の優しさのように思えますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。