キンキ★打ちひしがれ事件★衝撃の生放送ハプニング★照れて懐古

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キンキ★打ちひしがれ事件★衝撃の生放送ハプニング★照れて懐古」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「4月15日深夜」に放送され、この日は「堂本光一」と「堂本剛」が揃って登場しました。

番組冒頭で取り上げられたのは、「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」に関する話題でした。「2月1日放送」の同番組内で、「Mステ衝撃ハプニング集」という「ランキング」が発表され、「第5位」に「ランクイン」したのが「前代未聞 KinKi Kidsダブル歌詞間違い」でした。これは「ファン」の間で「打ちひしがれ事件」と呼ばれているもので、「リスナー」からは「お二人はあの時のことを覚えていますか?」と質問が寄せられました。




この「打ちひしがれ事件」とは、「2005年6月10日放送回」で、「KinKi Kids」が「ビロードの闇」を披露した際に起こった「ハプニング」でした。発端となったのは「堂本光一」の歌詞間違いで、「僕らは見ることさえ許されないだろう」を「僕らは一人で打ちひしがれるだろう」と歌ってしまったというものです。次の「パート」を歌う「堂本剛」は、出だしこそこらえたものの、「アハハ!」と笑って歌唱が困難な状態になります。「堂本光一」もその後はずっと照れ笑いを浮かべており、「パフォーマンス」後は司会の「タモリ」から「ちょっと動揺が見られたみたい」と「ツッコミ」を受けていました。

この「メッセージ」に対し、「堂本光一」が「覚えてますよ」と答えると、「堂本剛」も「あれは衝撃でしたよね。なんか、アットホームな曲に急になりましたよね」と、「“打ちひしがれ事件”」のせいで、「クール」な曲が明るい雰囲気に変わってしまったと振り返ります。「堂本光一」も「そうね 格好つけててんけどなあ~曲が曲だけに」とぼやいていました。

「ファン」の間で現在も語り継がれ、「“伝説”」になっているこの「ハプニング」ですが、すでに「14年前」の出来事ということもあり、「堂本剛」は「よかったですよねえ」と明るく振りかえります。「堂本光一」も「長い「ミュージックステーション」さんの歴史の中でも上位に。僕らが全然いないところでこのランキングが発表されて。ってことは、スタッフ的にも「“相当”」だったんですね」と笑っており、理由はなんであれ、印象に残ったことは悪く思っていない様子でした。




また、「堂本光一」は「生放送にしても何にしても、本当にハプニングを嫌がるというか 手堅く行くよね」と、「テレビ業界」の状況を告白します。「堂本剛」も「いい意味でのハプニングね。生放送ならではのというものも、「ナシでいこう」っていう空気があるよね」と「堂本光一」に同意しており、その後も「それだと生放送の意味ないんちゃうかな?」「光一」「そうね~」「剛」と「ブツブツ」。「打ちひしがれ事件」を「“伝説”」にした「KinKi Kids」だからこそ、生放送の面白さを失ってほしくないという思いがあるのかもしれません。

「リスナー」からは、「結構前のことだけど、やっぱりこの事件のことは覚えてるんだね!」「剛くんは光一くんを責めるどころか、「アットホームで良かった」って褒めてるのが最高にKinKi Kids」「相方のミスで起きた事件をベタ褒めしていく剛くん、最高だな「笑」」という声が集まり、「KinKi Kids」の仲の良さを再確認したようですね。

ある意味「キンキ」の存在感を改めて世界に広めた時間だったと思えば「ハプニング」が起こるのも悪くはないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。