小山慶一郎&増田貴久★アマゾンロケ★悩まされた3G&40K★撮影ウラ話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎&増田貴久★アマゾンロケ★悩まされた3G&40K★撮影ウラ話」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」の「4月16日」深夜放送回に、「増田貴久」が登場しました。「3月21日」に放送された「おたすけJAPAN」「フジテレビ系」で「アマゾンロケ」を行った「2人」が、「過酷だった」裏話を明かしました。




船と車を乗り継ぎ、片道の移動だけで「35~40時間」かかったという「アマゾンロケ」です。そんな「ロケ」で、最も印象深かったのは泊まった「ロッジ」での出来事のようです。「ロッジ」といっても、ゆったりできるような場所ではなく、竹でできた壁は「小山慶一郎」いわく「スッカスカ」で、いたるところに隙間が開いていたそうです。そのため、普通の声で話しても隣の部屋にいる人と会話できたり、「トイレ」や「シャワー」を使っていることも丸わかりだったようです。さらに「小山慶一郎」は、「シャワールームも、俺ゴシゴシ「タオル」持っていったのね。で、ゴシゴシして洗って干しとくじゃん。帰ってくると、それにいっぱいクモついてるの」と、部屋に大量の「クモ」が発生したと振り返りました。

「増田貴久」も同じく虫の被害に悩まされたようで、「俺「の部屋」は結構G「ゴキブリ」が Gがすごかった。本当にマネジャーさんと数かぞえたら、30「匹」はいました」と告白しました。これには「小山慶一郎」も「やばいね!それはもう「“G担当の部屋”」だね」と衝撃を受けていました。ちなみに、「ロッジ」の並びは「増田貴久・小山慶一郎・マネジャー」と隣合わせだったものの、部屋に出現する虫は「クモは逆に3~4「匹」くらい」「増田」「俺、G出たの3「匹」くらい。「“3G”」で、クモでいったら「“40K”」くらい」「小山」と、まったく状況が異なっていたようです。

「おたすけJAPAN」を見た人は、「アマゾン川」に入っていく「増田貴久」を「すごいね~!」などと褒めてくれたそうですが、虫のおかげで「「部屋で」寝ることが一番大変だった」そうです。「カメラ」に映らなかったところで一番苦労していたという、「ロケ」の過酷さが滲み出る一言でした。




虫の話題はまだまだ続き、「小山慶一郎」が朝食の際に「ケチャップ」を出したところ、大量の虫が一緒に出てきたという「ゾッ」とする話もありました。ですが、「小山慶一郎」は「ケチャップの中にいっぱいいたんだね~。虫ケチャップ。でも、食べられんの」と「サラリ」と語っており、数日間「アマゾン生活」をしたことで、すっかり虫との共同生活に馴染んでいました。

そんな会話を聞いていた「リスナー」からは、「3G・40Kってカッコいい単語だけど、想像すると超怖い」「虫ケチャップってなに!? 慶ちゃんなんで食べたの!?」「クモやGの出る部屋 考えただけで無理!」との声が続出しました。そして改めて、「本当に大変なロケだったんだね、お疲れさまでした!」「アマゾン大変だったんだね、特にカメラ回ってない時が。2人ともすごい、えらい!」と労いの言葉がかけられていました。

「アマゾンロケ」を経験したことで日本がいかに住みやすい国なのかが改めて分かるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。