中居正広★SMAP楽曲・映像使用独断★再結成の期待高まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中居正広★SMAP楽曲・映像使用独断★再結成の期待高まる」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」からの退所、そして「“カレン合流説”」が取り沙汰されている「元SMAP」の「中居正広」ですが、「4月18日発売」の「週刊文春」「文藝春秋」によると、「毎年9月」にある「ジャニーズ」との契約を、今年も「更新するつもり」だといいます。一方、「2017年」に退所し、現在「カレン」に所属する「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」の「3人」、また「マネジメント」を担当する「飯島三智氏」も、現状、「中居正広」が合流するとは考えていないようです。

記事では、「中居正広」が自身の「ラジオ」や「冠テレビ」で「SMAP」の「楽曲・映像」を流していることに触れ、それは「ジャニーズ/飯島三智氏」双方に許可を得ず、「“独断”」でやっているという放送記者の証言を掲載しています。「SMAPファン」は、「中居正広」が「3人」と合流し、ゆくゆくの再結成を望んでいるのではないかと期待してしまうところですが、現状「中居正広」にその気はまったくないのだといいます。




「中居正広」は、「ジャニーズ側」に寄り添いすぎると「ファン」の反感を買ってしまいかねないと考え、そうした行動を取っていると、同誌は伝えています。となると、当初は共に独立すると考えていた「3人」は、現在の「中居正広」の言動を、決して良くは思っていないはずです。

それでも、「中居正広」の退所説は来年、再来年もささやかれ続けていきそうな状況ですが、「一つ」の区切りとなるのは「20年」の東京五輪とみられています。

すでに「中居正広」には、五輪特番の企画がいくつも用意されていて、その窓口になっているのは当然「ジャニーズ事務所」です。そのため、少なくとも「20年」までは、「ジャニーズ」に所属し続けるというのが、業界内で暗黙の了解となっています。




ですが「21年以降」も、「中居正広」が退所する可能性は限りなく低いと、ほかならぬ「飯島三智氏」が考えているようです。

「文春」にも書かれている通り、「中居正広」の主戦場は「テレビ司会」であり、一方、「3人」は「現状キー局」から「“干されて”」いるのは紛れもない事実です。となると、合流は得策ではないと、「中居正広」も「飯島三智氏」も理解しているのでしょう。当初の予定を反故にされた「3人」からすれば、「中居正広」に対して複雑なところもあります。なにより、すでに「3人」は「ウェブ番組」を持ち、「楽曲リリース」や「ファンミーティング」も開催するなど、活動を軌道に乗せているだけに、ここに「中居正広」が参入することも、今となっては非現実的のようです。

とはいえ今後、「テレビ局」と「ジャニーズ事務所」の関係性が変わり、「3人」が「キー局」の番組に起用される可能性もあります。そうなれば、「中居正広」や「飯島三智氏」の考えにも変化が生じるでしょう。「中居正広」がいまだに番組内で「SMAP時代」の楽曲や映像を使うのは、合流できる「タイミング」に向けての布石なのかもしれないですね。

「中居正広」の個人一人の判断ではなかなか結論には至らないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。