永瀬廉★ホッケー日本代表★ジャニーズは違う&センスある★称賛の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「永瀬廉★ホッケー日本代表★ジャニーズは違う&センスある★称賛の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「4月」から朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内で放送されている、「King&Prince」の「冠コーナー」「MEDAL RUSH」です。「2020年」の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Princeメンバー」がさまざまな「スポーツ」に挑戦するという内容で、「4月15日~19日」は「永瀬廉」が「ホッケー」の練習に参加しました。

挑戦する「スポーツ」が明かされる前、「危険なんで、コレ用意してます」と「スタッフ」から「“股間ガード”」を渡され、「なるほど、デンジャラス系のスポーツね。怖え~!」とビビる「永瀬廉」です。練習場に赴き、選手たちの姿を見たところ「あ~なるほどね、ホッケー。「キーパーとか」完全防御ですもんね!」と、すぐに「“危険”」の意味を理解していました。




今回、「永瀬廉」が練習に参加した「山梨学院大学女子ホッケー部」は、「日本代表メンバー」が「4人」もいる「強豪チーム」です。この情報を聞き「ガチやん!」と引き気味の「永瀬廉」でしたが、「基本ルール」は「サッカー」に似ているということで、いきなり試合をやってみることになりました。すると、「小・中学校6年間サッカー部」に所属し、司令塔の役割を担う「MF」を務めていたとあって、「永瀬廉」の「ポジション」取りは完璧でした。ですが、「ホッケー」ならではの「ルール」には苦戦し、思うように動けず悔しがる場面もありました。

そのうえ、試合では「ダッシュ」する場面が多く、少し試合に参加しただけで「ダメだ 肺「活量」が足りん」と「バテ」てしまった「永瀬廉」は、走らなくてもいい「ポジション」の「“キーパー”」に転向します。そして完全武装で挑んだものの、「約8m」の距離から「時速98km」の「シュート」を受けると「怖え~!」と絶叫しました。「キーパー」にもかかわらず「ボール」をよけてしまい、選手から「ちょっと話にならない」と「ダメ」出しを受け、即座に「“キーパー失格”」の烙印を押されてしまいます。

「あの恐怖、僕にはムリっす!」と「キーパー」を断念した「永瀬廉」が次に挑戦したのは、「シュート練習」でした。「スティック」で「ボールパス」を受け止める「“トラップ”」を習得することになったのですが、ここでは選手たちから「すごくいい感じ」「うまいうまい」「センスある」と褒められ、「永瀬廉」のやる気は急上昇します。日本代表が守る「ゴール」にも見事な「シュート」を決め、再び選手たちが「めっちゃいいコース」「運動神経がいいですね」「うまい!マジで!」「やっぱジャニーズは違う」と「ベタ」褒めします。「永瀬廉」はすっかり笑顔になり、「マジっすか!」と大喜びしていました。




最終日、再び試合が行われ、ここでは「永瀬廉」自ら「ゴール」を決めることに成功します。「いや~面白かった!」と言うほど「ホッケー」の魅力を肌で感じたようで、選手からも「半日でこれだけできるのは、センスあると思います」「飲み込みがすごい早い」とお墨付きを得たのでした。

放送を見ていた「ファン」からも、「さすがの運動神経と飲み込みの早さでかっこよかった!」「半日であんなにホッケーが上手にできたのもさすが廉くん、さすがジャニーズ!」「選手から褒められてうれしがるれんれんがかわいかった~!本当に運動神経いいと思った!」との声が聞かれました。この運動神経を活かし、ぜひ「スポーツ系」の番組にも出演してほしいものですね。

適材適所の「ポジション」での能力が発揮できれば充分な戦力になれるかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。