相葉雅紀★愛用のイヤモニ★違う色はつけたくない&強いこだわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★愛用のイヤモニ★違う色はつけたくない&強いこだわり」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が「4月19日深夜」に放送され、愛用の「“イヤモニ”」について語りました。




歌手が音楽番組や「ライブ」のときにつけている「イヤーモニター、通称・イヤモニ」は、観客からの歓声が多い「コンサート」などで使用されることが多いそうです。自分の声や曲の演奏を聞こえやすくするのもので、「相葉雅紀」も「嵐」の「コンサート」では、自身の「メンバーカラー・緑」の「イヤモニ」を愛用しています。今回の放送では、「リスナー」から「ずっとあのイヤモニをつけてる気がするのですが、相葉くん自身何かこだわりがあるのですか?教えてください」という質問が寄せられました。

これに「相葉雅紀」は「確かに、ずっと緑だなぁ~」と反応しており、あまり意識はしていない様子です。ですが、「あの色以外考えられないというか。違う色をつけたくもないかなあ」と「“緑”」には特別な思い入れがあるようでした。また、「イヤモニ」は「新調してます。だいぶ新調してますよ。毎回毎回。あの中の機能は毎回換えてるんだけど」とのことで、同じものに見えて、実はかなりの頻度で新しいものに変わっているそうです。

さらに「耳鼻科行って、スライムみたいなのをギュっと入れられて、型を取って、それで作ってもらうんだけど」と、定期的に耳の型を取り直していることも告白します。「相葉雅紀」は「同じ色で作ってるから、何の変化もないんだけど」と言いつつ、「性能はアップしてる!」と胸を張っていました。




これを聞いていた「番組スタッフ」が「何回か使うとまた「作るの」?たとえばコンサート後とか」と質問すると、「相葉雅紀」から「あれ、けっこう死ぬよ!」と意味深発言が飛び出します。なんでも、「汗かくじゃん。で、死ぬの!」とのことで、「コンサート」中にかいた汗で「イヤモニ」が壊れてしまうといいます。「相葉雅紀」は「イヤモニ」について「消耗品」と断言しつつ、結局は「あれしか考えられないって感じかな。今後もあれです!」と、これからも「“緑色のイヤモニ”」を使い続けることを宣言したのでした。

放送を聞いていた「ファン」からは、「カッコいいなー、緑以外考えられない相葉さん!」「イヤモニって消耗品なんだね。ずっと使えるものなのかと思ってた」「ファンからしたら相葉くんのトレードマークみたいなところあるから、「あれしか考えられない」って言葉はうれしい」などの声が上がっていました。

「相葉雅紀」にとって「愛用のイヤモニ」は「コンサート」中のお守りみたいな物かも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。