錦戸亮★ちょっとムカつく★後輩の態度明かし★たまにある&大倉忠義も共感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★ちょっとムカつく★後輩の態度明かし★たまにある&大倉忠義も共感」の事をお伝えしたいと思います。

「4月20日放送」の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「錦戸亮、大倉忠義、丸山隆平、安田章大」が登場しました。「ゲスト」には、「元レスリング選手」の「吉田沙保里」と、「元サッカー選手」の「中澤佑二、お笑いタレント」の「土田晃之」が出演しました。




今回は、「ゲスト」が独特の「クセ」や「エピソード」を打ち明けて、共感する人を「“1人だけ”」探す「もひとりおるおる」の「コーナー」が放送されました。まず「吉田沙保里」が「お寿司を食べる時、コーラでも大丈夫」という「エピソード」を披露しましたが、いきなり「共感者ゼロ」という結果になります。ですがその後、再び「吉田沙保里」が「毎日体重を計る」と告白すると、「中澤佑二」のみが共感します。見事「“もひとりおるおる”」を達成していました。

「特に減量はなく、食べないといけないタイプだった」と話す「吉田沙保里」に、「ベストな体重も決まっているんですか?」と「大倉忠義」が質問します。これに「吉田沙保里」が「自分はこれくらいの体重だと動きやすいな、ってわかる」と「元アスリート」らしい発言をすると、その流れで「大倉忠義」が「僕、だって一回持ち上げてもらったことありますもん」と、過去に「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」内で肩車をしてもらった経験があると語り、「すげー恥ずかしかったです、俺」と苦笑いしながら当時の心境を振り返りました。

その後、「中澤佑二」の「先輩と電話する時は直立不動になる」という「エピソード」に共感する人はいませんでしたが、「土田晃之」が「東「山紀之」さんとかからかかってきたら?」と尋ねたところ、「安田章大」は「かかってきた時、僕あの、直立不動じゃなくて、動き回ってしゃべってます」と、部屋の中を「グルグル」歩きながら話すと謎の行動を告白しました。




この話に乗っかり、「錦戸亮」は「後輩と電話してるのに「蕎麦食ってんな、コイツ」みたいな。後輩じゃなくても、年下の奴とか「電話してて」「“フー”」って聞こえたら、「タバコ吸ってんのか?」って。ちょっとムカつくよね。「俺、そんなもんなんや」って」と、電話越しに相手の態度が伝わってきたことがあったと不満を漏らします。すると「大倉忠義」も「それ、たまにあるな」と同意しており、「関ジャニ∞メンバー」は電話の「マナー」に厳しいことが判明したのでした。

この放送に「ネット」上では、「相変わらず後輩に厳しい錦戸さん!でも、顔が見えてないからこそ大切なことだよね」「後輩と電話してる時の態度が気になっちゃう亮ちゃん、なんかかわいいな「笑」」「電話越しに聞こえてくる音が気になるのはちょっとわかる 自分も気をつけなきゃな」などの「コメント」が投稿されていました。

電話越しの態度の変化に「ムカ」ついた経験は誰にでもあるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。