松岡昌宏★何でお前?★井ノ原快彦に恨み節★アド街めぐり一触即発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★何でお前?★井ノ原快彦に恨み節★アド街めぐり一触即発」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「4月21日」の放送では、「松岡昌宏」が「大好き」だという番組「出没!アド街ック天国」「テレビ東京系」について語りました。




「リスナー」から「あるテレビ情報誌を見ていたら、イノッチ「V6・井ノ原快彦」が「「出没!アド街ック天国」にぜひ、松岡を呼びたい」と言っていましたが、オファーがあったら出ますか?」という質問を受け取った「松岡昌宏」は、「言っときますけども、私はですね「アド街ック天国」という番組はですね、少なくとも15年は毎回欠かさず見てるんですね、ええ。大大大ファンなんです!「アド街」は今でも録画してるんです!」と主張します。さらに「今でも俺は、井ノ原が「司会に」なったことは、ちょっと心の中でよく思ってないんですけど。何でお前がやるんだ、っていう」と、番組の「大ファン」である自分ではなく、「井ノ原快彦」が選ばれたことに悔しい気持ちがあることも告白しました。

そして「松岡昌宏」は、「井ノ原快彦」に「早く「番組に」出してくれよ!」とお願いしているものの、「おうおうおう」と軽くいなされていることも暴露しました。さらに同番組を作っている「制作会社・ハウフルス」に「ずっと昔、飼ってた犬を預けてたんです。「“ジャズ”」という犬を」と、知られざる縁があることも明かしました。

「ハウフルス」は「タモリ倶楽部」「テレビ朝日系」、「カミングアウトバラエティ秘密のケンミンSHOW」「日本テレビ系」などの制作も手がけており、会社は「東京・麻布十番」にあります。「松岡昌宏」は「僕が住んでたマンションの近くのスーパーとかもよく使ってたんです、ロケで。で、ぶっちゃけ映りこんだこともあるぐらい」と「ハウフルス」と「“ご近所”」だったため、知らずに番組に出演していた経験があるそうです。




その後、「松岡昌宏」は「出没!アド街ック天国」の歴史について一通り語った後、「ぜひ出たいね。どこの街で出りゃいいんだ、俺は。下町?何か、北海道とかでも出たいけどね、札幌とかね。まぁ、麻布十番?長いこといたから、麻布十番とか。ま、語れるのはその辺だよね、西麻布とか、うん。六本木、渋谷」と熟考します。そして「お祭り「特集」とかで浅草、上野、両国。その辺も語れるね。月島、清澄白河、門仲、八丁堀、築地。どこでも出れるじゃん!」と自身の知識に自信を見せ、「呼んでいただけたらと思いますけどもね!」とあらためて番組に「ラブコール」を送ったのでした。

かなりの熱量で番組への愛を語った「松岡昌宏」です。ぜひ「出没!アド街ック天国」に出演し、「井ノ原快彦」と共演してほしいものですね。

「大大大ファン」の番組司会が「井ノ原快彦」に選ばれてしまい悔しさを滲ませる「松岡昌宏」の番組に対する本気度が伝わってきますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。