TOKIO★デビュー25周年イヤー★ファンクラブ年会費★ファンの疑問相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「TOKIO★デビュー25周年イヤー★ファンクラブ年会費★ファンの疑問相次ぐ」の事をお伝えしたいと思います。

「山口達也」が未成年女性への強制わいせつで書類送検された影響により、「4人組」として再始動した「バンド・TOKIO」です。「山口達也」の事件から「1年」がたとうとする中、「ファン」の間では「ジャニーズ事務所」の「ファンクラブ」に対して、不満の声が漏れているといいます。

昨年「4月25日、山口達也」の強制わいせつ事件を「NHKニュース」が第一報で伝え、世間は大騒ぎになりました。酒に酔った「山口達也」は仕事を通じて知り合った女子高生を「自宅マンション」に呼び出し、無理やり「キス」をするなどのわいせつな行為をした疑いがもたれていましたが、後に不起訴処分「起訴猶予」となりました。ですが、「5月6日」には「山口達也」が「TOKIOメンバー4人」に出していた「“辞表”」を「ジャニーズ事務所側」が正式に受理しました。「山口達也」は「TOKIO」を脱退するとともに「ジャニーズ」を辞め、そのまま姿を消しました。

それから早「1年」、一部週刊誌では「TOKIO」への「“復帰説”」を追う記事や、「山口達也」の近況に関する報道も増えてきています。




「女性セブン」「小学館、2019年5月9日・16日号」によれば、「山口達也」は「昨年4月26日」に会見を行った後、東京近郊にある心療内科専門病院に入院しました。「6年以上」前から苦しんでいた躁うつ病の治療を始め、その後は実家近くの「メンタルクリニック」に力を入れる病院に転院したそうです。現在は両親や兄が「山口達也」の生活を「サポート」しており、都内で兄と一緒に暮らしているそうです。また、先日は弟と「北京ダック」を食べに外出するなど徐々に行動範囲を広げつつあり、「1年」の闘病によって体調も回復していると報じていました。

一方で、残る「TOKIO」の「城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也」は個々に俳優や「タレント業」に勤しむほか、「グループ」の「レギュラー番組」「ザ!鉄腕!DASH!!」「日本テレビ系」と「TOKIOカケル」「フジテレビ系」は、変わらず続いています。とはいえ、「山口達也」の脱退後は「5人」で出演していた「ヤマト運輸」と「自動車メーカー・スズキ」の「CM契約」が終了しました。「長瀬智也」が「パーソナリティ」を務め、「スズキ」の一社提供だった「ラジオ」「SUZUKI presents NAGASE The Standard」「TOKYO FM」は「CM終了後」も放送が続いたものの、「今年3月」に最終回を迎えました。

そして、「ベーシスト」だった「山口達也」がいなくなり、「TOKIO」の音楽活動は「ストップ」しています。「シングル」は「17年8月発売」の「クモ」が最後で、昨年は「NHK紅白歌合戦」も落選し、連続出場記録は「24回」で途切れてしまいました。

今年は「1stシングル」「LOVE YOU ONLY」「1994年」の「リリース」から「25周年」の節目とあって、本来なら盛大な「イベント」が続いていたことでしょう。「20周年」を迎えた「14年」は「記念ツアー」を開催し、「JOIN ALIVE」「SUMMER SONIC 2014」にも出演しました。「“ジャニーズ初の夏フェス参戦”」と、大きな話題になりました。ですが、今年は「アニバーサリーイヤー」にもかかわらず、現在のところお祝い行事の予定はありません。「4月期」の「松岡昌宏主演ドラマ」「家政夫のミタゾノ」「テレビ朝日系」の「エンディング曲」も「TOKIO」ではなく、共演者である「伊野尾慧」が所属する「Hey!Say!JUMP」の楽曲が起用されています。「TOKIO」の「バンド活動」を求める「ファン」にとっては、苦しい日々が続いているようです。




そんな中、最近では「TOKIOファンクラブ」の年会費について、否定的な声が噴出しているといいます。「ジャニーズ」の「ファンクラブ」は申し込みの際に「入会金1,000円」と「年会費4,000円」の「計5,000円」が必要で、継続の場合も年会費を支払う仕組みとなっています。その特典として、会員証と会報の発行、「コンサート・舞台」などの「チケット申し込み」、番組協力の「受付、バースデーカード発行、会員限定動画配信」などがありますが、「ファン」の書き込みによると、会報は「昨年9月」頃に届いて以降、今年は一度も発行されていないといいます。現在の「ジャニーズ」の「HP」には、会報に関して「“年に何回発行”」といった明確な決まりが記されておらず、「グループ」によって発行の「タイミング」も異なっています。

とはいえ、「コンサート」や番組協力はもちろん、会報もない状況では、不満を感じるのも当然でしょう。「ネット」上の「ファン」からは「25周年は特に何もなさそう。新曲も番組協力もないし、会報も去年からずっとない」「会費の4,000円は何に使われているのか。彼らの音楽活動が見たくてお金を払ったつもりなのに」「TOKIOはバラエティーで見られるけど、ライブも新曲もなくてつらすぎる。会報で状況を教えてほしい」「ファンクラブはもちろん更新するけど、ライブもないし、不定期とはいえ会報も半年くらい来てないから、ちょっとためらう」などの愚痴が見受けられました。

また、「ジャニーズグループ」の多くは、節目になると「ファンクラブ会員」に向けて記念品を贈呈しているだけに、今後の「25周年イベント」や「プレゼント」の実施を望む声も出ています。年会費を支払い、「バンド活動」を待ちわびる「ファン」のためにも、うれしい報告に期待したいですね。

「山口達也」の事件以降「TOKIOファン」は「モヤモヤ」とした日々が晴れなくて苦しんでいるようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。