伊野尾慧★酒主義久出演アナウンサー★交流に全然楽しくない★本音吐露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★酒主義久出演アナウンサー★交流に全然楽しくない★本音吐露」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が、「4月25日」に放送されました。




「伊野尾ピクチャー」の「コーナー」では、同番組で「スポーツキャスター」を務めている「酒主義久アナウンサー」との「ツーショット写真」を披露しました。「伊野尾慧」は「酒主さんと2人で、先日ランチに行ってきました」と明かし、「テーブル」を挟んで向き合う仲睦まじい姿を披露しました。「酒主義久アナウンサー」が「たまたま休みが合ったので、「ごはん行こうか」って行ってきたんですけど」と報告すると、「三宅正治アナウンサー」が「2人で行って 楽しい?」と「ツッコミ」ました。「伊野尾慧」は「実はですね、ぜーんぜん楽しくないですよ!」と笑いながら答え、衝撃を受ける「酒主義久アナウンサー」に共演者が大爆笑していました。

その後の「イノ調」では、「1級建築士」の自宅を訪問する企画の「第6弾」が放送されました。「10坪以下」の「“激狭”」な家を、「伊野尾慧」が調査しました。「9〜10坪・幅120cm」だという「1軒目」の家では、「ハグできそうなくらいの幅だよ。ギュッといけちゃいそうなくらい」と驚く「伊野尾」です。非常に狭い家ではあるものの、階段を上がった「2階」には、明るい「リビング」が登場します。「伊野尾慧」は「思ったより狭く感じないですね」「ここ来た瞬間「“パッ”」て明るくなるじゃないですか。めちゃめちゃ広く感じる!」と、狭い家ならではの工夫を絶賛しました。

また、「9坪」だという「2軒目」の家では、「インターフォン」を押した「伊野尾慧」が「どうも!フランク・ロイド・ライトです」と建築の巨匠の名前を出し、「“建築ギャグ”」を飛ばすおちゃめな一幕もありました。中にはらせん階段があり、「伊野尾慧」は「「家に」入って最初にインパクトあったのは、らせん階段!」「カッコいいですよね~」と惚れぼれしていました。




また、寝室の仕切りが障子になっていることを発見した「伊野尾慧」は、「ベッドルームはプライベートな空間だから、どうしても「目隠ししないと」っていう意識があるんですけど、障子だから目隠しはしてるんだけど外からの光も感じるし、かなり広く感じますね」と「“建築アイドル”」らしい着眼点で解説します。「3階」にはなんと茶室があり、中に入った「伊野尾慧」は「おもしろい!」「すげ~!」と大興奮していました。「“激狭”」物件を堪能した「伊野尾慧」は、「やっぱりすばらしいですね、1級建築士さんのお家。感動するな、毎回!」と笑顔を浮かべました。

この放送に視聴者からは、「住宅系のロケだと伊野尾ちゃんがイキイキしてるね。本当に楽しいのが伝わる」「一級建築士さんのご自宅はどれもスゴいね。この企画長く続いてほしい!」「建築ロケをしてる伊野尾ちゃん、いつも楽しそうだなあ~」という声が集まりました。

「酒主義久アナウンサー」との仲の良さが分かる会話のやり取りに笑ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。