二階堂高嗣★もしも塾★舞台出演も台本がない★紙ペラ1枚で本番迎えた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二階堂高嗣★舞台出演も台本がない★紙ペラ1枚で本番迎えた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「4月24日深夜放送」の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」と「二階堂高嗣」が登場しました。「二階堂高嗣」が出演した即興劇「もしも塾」の裏側について語られました。

「もしも塾」とは、「関ジャニ∞・村上信五」が立ち上げた舞台で、昔話を即興で演じるという内容です。「4月5日~7日」に「東京グローブ座」にて公演が行われ、「二階堂高嗣」のほかに「Kis-My-Ft2・千賀健永、Hey!Say!JUMP・八乙女光、有岡大貴、ジャニーズWEST・中間淳太、桐山照史、重岡大毅、ジャニーズJr.」が出演しました。




「二階堂高嗣」は「6日」の公演に出演していましたが、同日昼公演を観劇したという「リスナー」から、「村上くんをはじめ、桐山くんやJr.の方たちと絡んでいるのが新鮮でした。二階堂くんの赤鬼やかぐや姫メイクも最高だったので、そのときのことや他のグループとの裏話が聞きたいです」との質問が届きました。

舞台に足を運べなかった「宮田俊哉」からも「「もしも塾」ってどんな舞台だったの?」と説明を求められた「二階堂高嗣」は、まず一通り舞台の流れを説明します。舞台上でいきなり演じる「テーマ」が発表され、その場で役名が書かれた紙を「ボックス」から引き、その場で配役が決まるそうです。事前の準備は一切できなかったといい、「宮田俊哉」から「えっ、セリフは?」と質問されると、「二階堂高嗣」は「ないよ!台本ない。紙ペラ1枚!」と答え、本当に「“ぶっつけ本番”」の即興劇だと明かしました。

そのため、自分の出番が来るまで舞台袖に待機し、ほかの出演者たちの演技を見て、その都度設定を合わせなければいけなかったそうです。例えば、「桃太郎」で犬役をしていた「桐山照史」が「わしは赤鬼と友だちなんじゃ」「「自分は」御年85歳じゃ」と言ったとき、赤鬼役を演じた「二階堂高嗣」は「赤鬼と「犬が」友だちってことは、俺もおじいさんなんだ!?」と気づき、すぐさま「“老人メイク”」を施したそうです。舞台裏では出演者全員が「ドタバタ」と動き回っていたようです。




また、舞台後には「村上信五」と食事に行ったという「二階堂高嗣」です。「その時の話がステキだったんですよ。でもこれは言えないんですよ」と会話の内容は明かされませんでしたが、「そんな先のことまで考えてるんだ」「ホントにね、その時話した内容が感動的だった」と、「村上信五」からかなり「イイ話」を聞いたことをうかがわせました。

放送後には、「「もしも塾」には行けなかったから、裏話だけでも聞けてうれしい!」「さすがにリハーサルぐらいはしてると思ったけど、本当にガチなんだ!」「桐山くんのフリに焦るニカちゃん、すごい想像できる「笑」」などの声が寄せられていました。

その日の状況を素早く察知し役作りをしなくてはならない難易度の高い舞台は感動するでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。