岸優太★過去の交際女性告白★しんどい&パニック★ファン憔悴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★過去の交際女性告白★しんどい&パニック★ファン憔悴」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・岸優太」が「インタビュー」で「“元カノ”」との「エピソード」を明かし、「ファン」に衝撃を与えています。本人にとって苦い恋の思い出だというのですが、人気上昇中の「キンプリメンバー」の赤裸々告白に対し、「ネット」上ではさまざまな感想が続出しています。「岸優太」本人が語ったことも、「ファン」が騒ぐ要因となってしまったようです。

「5月5日放送」の「トーク番組」「密会レストラン」「NHK」で初の「MC」を務める「岸優太」です。同番組では、女優の「寺島しのぶ」と一緒に「ゲスト」の「“恋愛遍歴ラブストーリー”」を引き出すといいます。「4月24日」には番組の「公式サイト」に「インタビュー」が掲載され、「初恋の思い出」を問われた「岸優太」は、自分が通っていた小学校は「小学生で付き合うっていうのは早い、中学生から」との暗黙の「ルール」があったと「コメント」します。続けて、「僕は小学2年生からずっと好きだった子がいて、ジャニーズ入る前、中学校のころに付き合いはじめたのですが、それが初恋でした。けれど、その子は新学期に違う男の子と手をつないできて、失恋を経験。胸が痛いってこういうことを言うんだと知りましたね」と、打ち明けました。




この実体験や「付き合いはじめた」の一文に「ファン」が過剰反応しているのです。

「岸優太」は過去にも雑誌の「インタビュー」で、「小学校2年生」から「中学校2年生」まで同じ女の子に思いを寄せていたと、語っていたそうです。「“運動神経が良くて少し男の子っぽい子”」だったといい、ちょっかいを出して泣かせてしまったこともあったものの、「学年が上がるうちに意識して話せなくなっちゃった」と回顧していたそうです。

こうした「エピソード」を通じ、熱心な「ファン」は「岸優太」の「“片思い”」で終わったと捉えていたようですが、今回の「インタビュー」で「中学校のころに付き合いはじめた」と知り、動揺の声が相次いでいます。「岸くんの初恋エピソードは有名だけど、まさかその子と付き合ってたなんて」「「付き合いはじめた」発言に頭がパニック!岸くんが一方的に好きだっただけだと思ってた」「今まで濁してたのに、中学校の頃に「付き合いはじめた」はしんどい!」「時々話してた初恋の女の子が初カノなんて、甘酸っぱい青春」「ジャニーズに入る前とはいえ、今をときめくKing&Princeのリーダーが「付き合いはじめた」と言うなんてスゴい世界だな」と、驚いています。




そんな中、「ファッション誌」「Ray」「2019年2月号」「主婦の友社」の「インタビュー」を思い出す人もいたようです。

「Ray」で「岸優太」は「恋愛年令は中学生のまま止まってますね」と素直に明かしているほか、「だから今も女の人のことはちょっと 中学生のような目で見ちゃう。中2男子のままですね「笑」」と述べていました。本人の言葉を信じるなら、初恋の女の子との交際は「ジャニーズ」に入る前で、相手の心変わりによって破局を迎えたのでしょう。「ファン」は新事実に困惑しつつも、「例の初恋の子と付き合ってたのは衝撃走ったけど、全部ファンに教えてくれる岸くんが好き」「「付き合いはじめた」は衝撃だけど、恋愛事情まで包み隠さずに話してくれるなんてり信用できるリーダーだ」と、彼の真面目な人柄に惚れ直した様子です。今後も「女性スキャンダル」で「ファン」の期待を裏切らないよう、「アイドル業」をまっとうしてほしいものですね。

「5日」の番組で、芸能界の先輩たちに囲まれた「岸優太」がどんなことを語るのか、放送を楽しみに待ちたいですね。

「ファン」に衝撃が走ったものの「岸優太」の包み隠さず打ち明けた初恋話に納得せざるを得ないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。