平野紫耀★全然ないですね★筋肉キャラを原田海選手が全否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「平野紫耀★全然ないですね★筋肉キャラを原田海選手が全否定」の事をお伝えしたいと思います。

「4月」から朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内で放送されている、「King&Prince」の「冠コーナー」「MEDAL RUSH」です。「2020年」の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Princeメンバー」がさまざまな「スポーツ」に挑戦するという内容で、「4月22日~26日」は「平野紫耀」が「ボルダリング」に挑戦しました。

今回は、「弱冠19歳」で初出場した世界選手権で優勝し、「オリンピック」の「メダル候補」といわれている「原田海選手」に教えてもらうことになりました。「昨年4月」に同番組の「コーナー」「GINZA DEBUT!」でも「ボルダリング」に挑戦したことのあった「平野紫耀」は、「以前ですね、ボルダリングをやった時に「100人に1人の逸材」って言われたんですよ」と自信満々です。「原田超えしてしまうかも」と最初は余裕の「コメント」をしていましたが、このあと「原田海選手」の凄さをあらためて実感することになります。




まず、つま先に力が入るように設計された「ボルダリングシューズ」を履くことになった「平野紫耀」。ですが、足に「フィット」させるため通常より「1センチ」小さい「シューズ」を履かなければいけないため、足はかなり窮屈なようです。一方、「8年間」「ボルダリングシューズ」を履き続けているという「原田海選手」の足は大きな「マメ」だらけで、思わず「平野紫耀」も「う~わ!俺の知らない第2関節がある」と驚きの声を上げていたのでした。

そして、「“腕を伸ばすと楽”」という「原田海選手」は、片方の手でだけで石にぶら下がっている状態を「1時間くらいできる」と余裕の「コメント」。「平野紫耀」もこのやり方で登ってみることになり、「たしかに全然違うな」と「コツ」がわかったようでしたが、「原田海選手」から「そこ「片手でぶら下がった状態で」休憩してもらっていいですか?1分測るので!」とまさかのお願いがありました。ただ、「1分」でもかなりつらかったようで「平野紫耀」が掴まっていられたのは「20秒」だけでした。「いやっ1時間は無理よ!ヤバイもん。手のひらが痛いもん。全然楽じゃない」と訴えていましたが、「20秒耐えてたからできてる」との「原田海選手」の「コメント」には「それはうれしいな♪」と笑顔を見せていました。

続いて、足の力で体を持ち上げる「ヒールフック」という技を練習することになりました。これには「“広背筋”」という背中の筋肉が必要だといいますが、「原田海選手」が「平野紫耀」の背筋を「チェック」すると「「筋肉」全然ないですね」と「バッサリ」。「キンプリ」の中では「“天然”」だけでなく「“筋肉キャラ”」としてもお馴染みですが、「オリンピック選手」からしてみるとまだまだのようです。




その後、これができると「異性にモテる!」と「原田海選手」が豪語する、手に届かない「ホールド」「石」に飛びつく「“ランジ”」という技に挑戦した「平野紫耀」でした。「ホールド」に手は届くものの、掴まることができずに悔しがる「平野紫耀」に、「原田海選手」は「やっぱりモテたい気持ちが足りてないですね」と「ズバリ、アドバイス」します。

これに「マジか」とうなだれていた「平野紫耀」でしたが、実は練習が想像していた以上に「ハード」だっため、すでにこの時は「絶賛、腕パンパンなんです!」と満身創痍の状態だったようです。

とはいえ「この企画、そもそも平野くんじゃなきゃ成立しなかったと思う!よく頑張ったよ」「紫耀くんの馬鹿力と運動神経でも成功できないとか、ボルダリングを舐めていました」と、「ファン」には「ボルダリング」の凄さが十分に伝わったようでした。

「筋肉キャラ」の「平野紫耀」も「原田海選手」の前では素人同然のようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。