渋谷すばる★ジャニーズに感謝★ソロ活動で干されないための対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「渋谷すばる★ジャニーズに感謝★ソロ活動で干されないための対策」の事をお伝えしたいと思います。

「4月26日、昨年、関ジャニ∞」を脱退、「ジャニーズ事務所」からも退所した「渋谷すばる」が、「自主レーベル」「World art」を立ち上げ、今秋をめどに、「ワーナーミュージック・ジャパン」の「全面バックアップ」により、「ソロCDデビュー」をすると報じられました。「渋谷すばる」自身も「コメント」を発表していますが、その中で「ジャニーズ事務所」に触れる部分があったことから、「一部ファン」はざわついているようです。

年末に「ジャニーズ」から退所して以降、その動向に注目が集まっていた「渋谷すばる」です。「今年2月」には、自身の「公式サイト」を設立し、本人からの「メッセージ動画」を公開、そしてこの度、「ソロデビュー」が決定し、「ファンクラブ」「Shubabu」を発足した流れです。




今回、「渋谷すばる」の「コメント」で注目されているのは、「ジャニーズ事務所に育てて頂いた、15歳からの約22年間という時間は、渋谷すばるという人間の全てに、間違いなく刻み込まれています」と、はっきり「ジャニーズ」に対する感謝をつづっていることです。「ケンカ別れ」ではなかったとはいえ、「元ジャニーズ」という肩書は、芸能活動をする上では障害になることの方が多いようです。それだけに、極めて異例の表明文と言えるでしょう。

「渋谷すばる」は「デビュー」にあたって、「ワーナー」から「全面バックアップ」を受けるといいますが、それは同社が現在、「ジャニーズ」と付き合いがないから実現したのでしょう。裏を返せば、「元ジャニーズ」が、「ジャニーズ」と付き合いのある「レコード会社」と仕事をするのは、難しいということです。なお「ワーナー」は、「2017年」に退所した「元SMAP3人」の楽曲配信も行っているといいます。

「元SMAP」の「3人」も、当初は「テレビ局」が、彼らを情報番組で取り上げるだけで、「ジャニーズサイド」からさまざまな横槍が入っていましたし、現在も地上波の番組に「“ほぼ干されている”」に等しい。「渋谷すばる」にも、同じような茨の道が待ち受けているように考えられます。




ですが「渋谷すばる」の場合、「3人」とは「“決定的な違い”」が見られるのだそうです。

「3人」を「バックアップ」する「飯島三智氏」は再出発時、「ジャニーズサイド」に、挨拶を含めた接触をまったく行わなかったそうです。一方で「渋谷すばる」はといえば、今回の発表や今後の展開を、事前に「ジャニーズサイド」に伝え、きちんと筋を通していると言われています。それでも、「ジャニーズ御用達」の「スポーツ紙」を見ると、「渋谷すばる」の記事はかなり小さく、「ジャニーズ」からすれば「邪魔はしないけど、決してよく思っているわけではない」というところなのでしょう。

それでも、「ファン」の目に見える形で、再始動の発表を行うに至った「渋谷すばる」です。今後の「アーティスト活動」に注目が集まりますね。

芸能界に限らず筋を通さない人は少なからず何らかの形で影響を受けてしまうのではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。