錦戸亮★脱退&退所検討中★大倉忠義&安田章大の脱退希望報道★立ち消え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「錦戸亮★脱退&退所検討中★大倉忠義&安田章大の脱退希望報道★立ち消え」の事をお伝えしたいと思います。

「3月」に「関ジャニ∞」からの脱退を予定していると報じられた「錦戸亮」です。脱退は決定事項ですが「ジャニーズ事務所」に残るか否かを協議中だとの見方が強いものの、今なお脱退の正式発表はありません。

「関ジャニ∞」は現在の「ジャニーズ事務所所属グループ」で、「嵐」に次ぐ「ファンクラブ会員数」を誇ります。昨年には「メインボーカル」の「渋谷すばる」が脱退、そして「ジャニーズ事務所」を退所しています。同じく「メインボーカル」である「錦戸亮」まで脱退という事態を、事務所は何としても避けたかったはずです。何しろ来年いっぱいで「嵐」は活動を休止します。「関ジャニ∞」まで となれば混乱は必至です。

ですが「錦戸亮」は、「渋谷すばる」の抜けた「関ジャニ∞」は解散すべきだと主張、自身は「役者一本でやりたい」意向だと伝えられています。また、「大倉忠義」と「安田章大」もそれぞれ脱退を希望しているとの報道がありました。その後、話し合いはどうなっているのでしょうか。

「錦戸亮」が「関ジャニ∞」からの脱退する意志を固めたと「週刊文春」「文藝春秋」が報じたのは「3月上旬」のことでした。記事によると、「渋谷すばる」脱退後、「メンバー」が今後の「グループ活動」について話し合っていく中、「錦戸亮」だけは「ひとりでも欠けるなら、関ジャニの活動も終えるべきだ」と、「関ジャニ∞」の解散を主張したようです。ですがほかの「5人」は「グループ存続」を考えており、「錦戸亮」と決裂したといいます。




これを受けて「ジャニーズ事務所」は「テレビ各局」に「今後の収録にメンバーが全員揃うか分からない」と通達を出したといいます。「錦戸亮」の主張に「横山裕」や「村上信五」は激怒したといい、「関ジャニ∞」の不仲も取り沙汰されはじめました。

その翌週には「週刊女性」「主婦と生活社」が、「錦戸亮」だけでなく「大倉忠義」も脱退を考えていると伝えています。「大倉忠義」もまた「“すばるがいてこその関ジャニ”」という思いを持ち、「グループ」のお笑い路線に疑問を感じていた部分があるのだといいます。さらに「一部のファン」によるつきまとい行為も、彼を「関ジャニ∞」から遠ざけているという見方です。

確かに、「大倉忠義」は「昨年11月」、「Johnny’s web」内の「ブログ」にて、一部の「ファン」の行動に苦言を呈し、「精神的に辛い」「これがなくなるのが「“普通”」なのだとしたら普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう」「そろそろ限界だ」とも綴っていました。

「3月5日発売」の「音楽と人」「2019年4月号」「音楽と人」に登場する「メンバー」たちの発言もどこか意味深なものでした。

「横山裕」「でも旅なんて、いつまでも続くもんじゃないな、と思います。形あるものは終わるし、絶対なものなんてないんだな、って。そう思いたくないけど、思わざるを得ないことが多いです。考えたくなんかないですよ。楽しく仲間と続けていけるなら、そりゃみんなそうしていきたいでしょ。でも現実は、考えておかないといけないことなんですよね」




「村上信五」「僕らも、ずっと肩組んで歩いてたらきつ過ぎるわ!って時もありますから。多少遅れたり、先に行くのはいいんですよ。もう今は、それぞれの得意技で、ひとりで立てるんですから。前はメンバーが手の届く範囲におらんとダメやったけど。でも、誰がどんな選択をしたって、俺らはずっと7人ですから」

「錦戸亮」「僕、13歳ぐらいから仕事してますからね、ずっと「笑」。普通なら22、23の時には、こっちは社会人10年目なわけじゃないですか。そうなったら、欠けてる部分ももちろんあると思うけど、それ以上にいろんなことを知ってる部分はあると思いたいし、そう自負してたいですし、そこで自分が重ねてきた時間がウソみたいになったら恥ずかしいじゃないですか。だから今、自分が思うことをしっかり言って、しっかり行動していきたいと思ってます」

「Jr.時代」から俳優として評価されている「錦戸亮」が、俳優の道を極めたいとしても不思議ではありません。そもそも以前から、「メンバー」たちは個々人の活動も精力的に行っており、彼らにとって「関ジャニ∞」が芸能活動のすべてではない。「関ジャニ∞」に限らず、「ジャニーズタレント」の多くが「グループ」としての音楽活動と、個人の俳優業などを両立しています。それぞれ芸能界での居場所をきちんと築いているのです。これ自体は決して悪いことではないでしょう。

さて、「関ジャニ∞」は「7月」から「9月」にかけて、「デビュー15周年記念ツアー」「十五祭」を予定しています。「大倉忠義」は「すべての方への感謝を込めて 全てのeighter「エイター」に笑顔になってもらえる最高で最強の「“プレゼント箱”」を持って6人楽しみに会場でお待ちしています」と「コメント」を寄せており、少なくともこの「ツアー」は「“6人”」で行うはずです。秋以降の予定は、「ツアー終了」までは明かされることはないのかもしれないですね。

「メンバー個々」の多方面においての実力が発揮されているために「グループ」での未来に向けての目標がなくなっているのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。