松本潤★井上真央と破局していないのか★葵つかさ暴露本出版影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「松本潤★井上真央と破局していないのか★葵つかさ暴露本出版影響は?」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年末」での活動休止を予告し、精力的に活動中の「嵐」ですが、「メンバー全員30代後半」の「アラフォー独身」ということもあり、活動休止発表を受けてそれぞれの「結婚」を予想する報道が相次ぎました。もっとも多かったのは「二宮和也」と「フリーアナウンサー伊藤綾子カップル」ですが、次いで多いのは「井上真央」と「10年以上」交際していると言われる「松本潤」でした。

「松本潤」と「井上真央」は実写版「花より男子」「シリーズ」で共演しました。「2005年」と「2007年」に「TBS系」で「連続ドラマ」として放送、「2008年」には映画公開と、若者の支持を得て「大ヒット」した作品です。「井上真央」が主人公の「牧野つくし、松本潤」が「つくし」と恋人関係になる御曹司の「道明寺司」を演じたのですが、両者とも実に「ハマり役」で、この「キャスティング」を組んだ制作陣は慧眼でした。

「松本潤」は近年も「99.9 -刑事専門弁護士-」「シリーズ」「2016年、2018年/TBS系」などの「ヒット作」に恵まれ、俳優業が順調です。「井上真央」も「連続テレビ小説」「おひさま」「2011年」、「大河ドラマ」「花燃ゆ」「2015年」などで主演を務め、国民的女優に成長しました。まさに「大物カップル」です。




ですが一度は破局したと見られていた。「2016年」に「週刊文春」「文藝春秋」が、「松本潤」と「セクシー女優・葵つかさ」の「4年」に渡る交際を報じたためです。事実ならばいわゆる二股にあたり、「ショック」を受けた「井上真央」とは破局したとも報じられましたが、「昨年8月」に事態は急転しました。「週刊女性」「主婦と生活社」が、「松本潤・井上真央」が「結婚に向けて調整中」だと報じたのです。「井上真央」の母親に結婚を急かされた「松本潤」は、「井上真央」と同じ宗教に入信したといいます。

子役から「ステップアップ」した「井上真央」は好感度が高く、「SNS」もやらないから「“匂わせ”」もしません。さらに「松本潤」との「ツーショット」を取られたこともないため、交際自体の信憑性を疑う声もありましたが、「一部ファン」は「2人」を「“真央潤”」と呼び、交際に好意的な反応を示してきました。このことから「ジャニーズ事務所」は、「バッシング」や「イメージダウン」の「リスク」が高い「二宮和也・伊藤綾子」の結婚よりも、交際歴が長く「ダメージリスク」も低い「松本潤・井上真央」の結婚を先に認めるのではないか、との見方も強いようです。「ビジネス」上の理屈はあるでしょうが、個人的には職場の「結婚・妊娠順番制」のようで、気分が悪い話だと思います。

そんな中で「ネット」を騒がせているのが、「前出・葵つかさ」の「暴露本出版」です。かねてより「スポーツ紙」を中心に噂されてきた話ですが、「葵つかさ」が「クラウドファンディング」で費用を募り「フォトブックを作る」という「プロジェクト」を「スタート」させたことで、再び「松本潤ファン」は戦々恐々としています。「3月」には、「2人」が未だに交際を続けており、「葵つかさ」が「Instagram」で「匂わせ」をしているとして、「コメント欄」に「松本潤ファン」が突撃する事件もありました。もし仮に現在まで交際が続いているとしたら暴露本の出版などありえないでしょう。

「井上真央」はこれまで週刊誌記者の直撃を受けても交際を肯定も否定はせず、「言えないんです」と思わせぶりに言葉を濁してきました。ただ交際が事実でないなら否定すれば良いことであり、何も言えない以上は肯定していると受け止められています。

ともあれ今年で「結成20周年」となる「嵐」は、「昨年11月」より「5大ドームツアー」「ARASHI ANNIVERSARY LIVE TOUR 2018-2019」を開催中です。「ツアー」は「今年12月25日」まで続くため、「松本潤・井上真央」の結婚は早くとも「ツアー終了後」になるのではないかと見られています。ただし「嵐」は、活動休止までの「2年間」で「ファン」に「誠意」を見せる意向を示しています。「プライベート」の結婚が即ち「ファン」に対する裏切り、ということにはならないはずですが、「井上真央」は「嵐」の「ツアー終了」まで結婚を待たねばならない可能性もあるでしょう。




ちなみに他の「メンバー」はどうでしょうか。「櫻井翔」は「小川彩佳アナウンサー」との交際が報じられ、ゆくゆくは結婚すると見られていましたが、「今年2月」に「小川彩佳アナウンサー」は一般男性との結婚を発表しました。「嵐ファン」を驚かせました。

「相葉雅紀」もまた、長期交際している女性がいるとされています。「2017年12月」の「FLASH」「光文社」によれば、「相葉雅紀」は関西出身で「1歳年上」の一般人女性と「5年以上」に渡って交際しており、自分の両親にも紹介済みとのことでした。「昨年10月」には「週刊女性」が、当該女性と半同棲状態の「相葉雅紀」が周囲に「 “俺も結婚したいです。家庭を持つことに憧れるんですよ”」と話していると報じています。

同誌によれば、「ジャニーズ事務所」は「2016年」に「相葉雅紀」の結婚を認めたという噂がありましたが、同年に勃発した「SMAP解散騒動」によって延期になった上、さらにその後、「二宮和也」が「伊藤綾子」との結婚を認めるよう事務所に迫り、事務所は「二宮和也」を思いとどまらせるため、交際期間の長い「松本潤・井上真央」から先に結婚させようと考えたという説まであります。これが事実ならば、何ともやるせない気持ちになります。「相葉雅紀」はとんでもない迷惑を被ったことになります。

「嵐」で最近浮いた話を聞かないのが「大野智」です。思い出されるのが、「2015年9月」には「FRIDAY」「講談社」が「スクープ」した元女優との同棲です。翌日、「大野智」は「嵐」の「コンサート開演前」に記者会見を行い、謝罪しました。交際や同棲の事実はないと否定しました。しかしながら、交際報道に対して記者会見を開いて謝罪するという対応は、異例の事態ともいえます。この理不尽を受けた「大野智」はその後、「マスコミ」にかぎつけられないよう、念には念を入れて行動しているのかもしれません。

「松本潤ファン」にとっては「モヤモヤ」した気持ちを「スッキリ」したいため「葵つかさ」には是非とも暴露本を出してもらいたい気持ちでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。