美 少年★二世ウイーク・ジャパニーズ・フェスティバル参加★米武者修行へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「美 少年★二世ウイーク・ジャパニーズ・フェスティバル参加★米武者修行へ」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.」の「ユニット」「美 少年」が「29日、東京・有楽町」の「シアタークリエ」で、「ライブイベント」「ジャニーズ銀座2019」「6月2日まで」を開催しました。「昭和、平成」とさまざまな「人気アイドル」を輩出してきた「ジャニーズ事務所」で、「令和」に大きく飛躍する可能性を秘めた「6人組」です。「ジャニー喜多川社長」も期待を寄せており、経験を積むために米国に派遣することをこの日、「メンバー」に伝えました。




「6人」は楽屋裏で「ジャニー喜多川社長」から「ユーたち、パスポート持ってる?」と唐突に聞かれました。「は、はい」と戸惑いながら答えると、「もしかしたら。8月くらいに行くかも分からないよ」と告げられました。「ロサンゼルス」で「毎年8月」に開催される「二世ウイーク・ジャパニーズ・フェスティバル」参加が主目的のようです。「岩崎大昇」は「夢物語だと思っていたのに。マジですか!?」。「浮所飛貴」も「汗かいちゃいました。緊張してきました」と苦笑いします。

「ジャニー喜多川社長」の出生地でもある米国での「武者修行」は、「ジャニーズ」の伝統でもあります。「初代ジャニーズ」や「少年隊」も、米国で「ダンス」や歌を学びました。「2008年」には「KAT-TUN」が「同フェスティバル」の「パレード」に参加しています。今回の滞在期間など詳細は未定ですが、「ジャニー喜多川社長」は「いろんなことをやってもらいます。日本の良さを伝えて、外国の文化もどんどん学べる」と話しています。




新時代幕開け目前に、「ジャニー喜多川社長」は「我々「=ジャニーズ事務所」には年長者もいるし、これからの子もいる。それぞれにファンがいるのは、ありがたいこと。意識はしなくても、常に時代とともに歩んできた」と感謝と自負を言葉にしました。半世紀以上にわたり「トップアイドル」を生み出し続け、「プロデュース」を手掛けてきましたが、「令和」を迎える今も意欲はますます盛んです。「世界的になるためには、今の若い子たちが頑張ってくれなきゃ。つないでいってほしい。つなげると思います」。

「浮所飛貴」は「昭和の先輩、平成の先輩、そして令和の僕たち。時代を作っていきたい」。「那須雄登」は「昭和も平成もジャニーズの先輩方が盛り上げてくださった。まずはこの公演を成功させ、僕らは令和の時代を盛り上げたい」と誓いました。

「令和」の新時代に向け「美 少年メンバー」の活躍に「ジャニーズファン」も目が離せなくなりますね。



SNSでもご購読できます。