山口達也★もう一度5人でTOKIOの声★復帰後押しするテレビに疑問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「山口達也★もう一度5人でTOKIOの声★復帰後押しするテレビに疑問」の事をお伝えしたいと思います。

「元TOKIO・山口達也」が女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検された事件の発覚から、「1年」が経ちました。「山口達也」は「TOKIO」を脱退し、「ジャニーズ事務所」も退所しました。残された「TOKIOのメンバー4人」も記者会見を開き、「連帯責任」として謝罪、「山口達也」に厳しい姿勢を示していました。

あの記者会見以降、「TOKIOのメンバー」たちが「山口達也」について言及することはなく、完全に「タブー」として扱われています。「昨年12月」には「1周回って知らない話 2時間SP」「日本テレビ系」に「リーダー・城島茂」が出演し、「ジャニーズ」に入ってからの「ヒストリー」を振り返っていましたが、「山口達也」の名前は一切出ず、存在自体が抹消されていました。もちろん、「TOKIO」以外の「ジャニーズタレント」たちが「山口達也」の話題に触れることもありませんでした。

ですが「4月末」に「女性セブン」「小学館」は、「山口達也」の復帰を待望する声が一部の「テレビ局スタッフ」から上がっている、と伝えました。「山口達也」と懇意の「テレビ局スタッフ」や「ファン」から「新しい時代の到来に合わせて、彼に「“もう一度チャンスを”」」という支援が広がっているのだといいます。また古巣の「TOKIOメンバー」たちも「山口達也」のことを気にかけながら毅然とした態度でこの一年を過ごしており、「そんな彼らを見て「“もう一度5人で”」と後押しする声」があるそうです。

たしかにここ最近になって、わずかながら変化がありました。たとえば、今年「3月17日放送」「ザ!鉄腕!DASH!!」「日本テレビ系」で八丈島を訪問した「松岡昌宏」は、作業をしながら、「ジャニーズのムロアジって呼ばれた時代がありましたよ。俺も昔これぐらいとんがってたんだけどな。10年前の僕は、まだこの状態「塩抜き前の魚」でしたから。僕らは塩抜きを終わりましたよ。人生の塩抜きを」「これが更生ですよ。これが更生です」などと発言しました。「“更生”」とは「山口達也」への「エール」なのではないか、と話題になりました。なお、「テロップ」で「更生」とは「精神的・社会的に立ち直ること」とわざわざ解説もついていました。




さらに、「4月17日放送」の「TOKIOカケル」「フジテレビ系」での「松岡昌宏」の発言もまた、暗に「山口達也」の存在を匂わせていると取れなくもないとして、話題になりました。この日の「ゲスト」は「堤真一」と、「ジャニーズ後輩グループ・A.B.C-Z」の「最年少メンバー橋本良亮」で、「ジャニーズタレント」たちの入所「Jr.入り」と「デビュー」の年表を元に「トーク」が繰り広げられました。なお、年表に「山口達也」の名前はありませんでした。

「TOKIO最年少」で一番最後に「メンバー入り」した「長瀬智也」は、同級生の「堂本光一」や「堂本剛」と一緒に「デビュー」すると思っていたため、「TOKIO加入時」は「ショック」だったと明かしました。すると「松岡昌宏」は「長瀬の前に実は俺が経験しているの」と、自身が「TOKIO」に加入した時の心境を回想しました。「Jr.時代、松岡昌宏」は「V6井ノ原快彦」らと仲が良く、合宿所で暇そうにしていた「城島茂」や「国分太一」のことは「もう売れない人たちだと思っていた」から距離を置くようにしていたといいます。

ところがある日、「YOU、あっちへちょっと行って」と、「城島茂」や「国分太一」の元に送り込まれた「松岡昌宏」は「本当に泣いた」といいます。一方、「城島茂」や「国分太一」は「ようこそ」と大歓迎したそうです。「松岡昌宏」は「みんな、この3人が「“ウェルカム”」ってなって、それが2年続いたんですよ」と嘆き口調で語るのですが、「トーク」の流れからもわかるように、「松岡昌宏」が「TOKIO」に加入する時点で「長瀬智也」はまだ「TOKIO」にいません。つまり「松岡昌宏」の言う「この3人」とは、「城島茂、国分太一」、そして「山口達也」を指すのが、自然ではないかということです。

このようにして、「松岡昌宏」が「山口達也」の存在を「“匂わせ”」ているのでは、と「ネット」上では言われているわけですが、では当の「山口達也」は、現在どうしているのでしょうか。

事件後、「山口達也」は「アルコール依存症」や双極性障害の治療のため、医療機関に入院中とされてきました。「昨年12月発売」の「週刊女性」「2019年1月1・8日号」「主婦と生活社」は、多忙もあってか「TOKIOメンバー」で入院中の「山口達也」の面会に訪れるのは「リーダー」の「城島茂」のみと伝えています。

それによれば一時期は「死にたい」と泣き叫ぶ時期もあった「山口達也」ですが、容体は徐々に安定し、それでも夜になると涙を流し「“家族に会いたい”」と漏らしている、とのことです。歌舞伎町の「ホストクラブ」が「山口達也」を勧誘しているとも言われています。




「山口達也」は「2008年」に結婚、「2児」に恵まれますが、「2016年」に離婚しています。子どもたちを連れて「ハワイ」に移住した前妻が「山口達也」に、治療が一段落した後に「ハワイ移住」を進めているという話や、「マスコミ」に入院先を突き止められては転院を繰り返しているという話もありました。確かに「マスコミ」が執拗に追いかければ、病状はより悪化しそうです。

ですが前掲「女性セブン」は、現在の「山口達也」の様子を「年明けからだいぶ落ち着いている」とし、現在は「都内でお兄さんと一緒に暮らしている」といいます。一年に及ぶ闘病で体調は回復傾向にあるというのです。

とはいえ、体調が回復傾向だから即復帰、というのは安易すぎます。「山口達也」は闘病のために芸能活動を休止したのではなく、過ちを犯したことで芸能界を引退したのです。強制わいせつ被害に遭った女性の存在を忘れることはできません。

また、事件の何年も前から「アルコール依存」と精神疾患に悩んでいたという「山口達也」です。そのことを隠しながら、元気で明るい芸能人としての「イメージ」を保ち続けてきました。事件前は「アルコール」の飲みすぎによる体調不良のため入院しており、病院から仕事に通うほどでした。また自身の行為が事件と認識されていることがわかってからも、仕事を続けていました。その行動は仕事に対して真面目という捉え方もできるかもしれませんが、自身の「プライベート」での行いへの責任に欠けるとも言えます。

一度失った信用を戻すことは容易ではありません。もう以前とそっくり同じ「イメージ」の「TOKIO山口達也」はあり得ない以上、復帰の道筋は慎重に考えなければいけないのではないでしょうか。

「ファン」としては早急な復帰を願う気持ちがあるようですが、体調が万全でなければ再び療養生活に戻ってしまうことも考えられますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。