手越祐也★助けに来てほしい★マネジャーに緊急電話★地獄の事態明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「手越祐也★助けに来てほしい★マネジャーに緊急電話★地獄の事態明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS」の「派生ユニット・テゴマス」の「手越祐也&増田貴久」と、「フリーアナウンサー・宮島咲良」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「テゴマスのらじお」「MBSラジオ」です。「5月1日」の「オンエアー」では、「手越祐也」が「“危機一髪エピソード”」を語る一幕がありました。

話題のきっかけとなったのは、「移動手段の中で自転車が一番好き」だという「リスナー」のお便りでした。「手越祐也」が過去に雑誌などで自転車の話をしていたことから、「自転車には結構乗りますか?」との質問が寄せられました。これに対し、「乗ります、乗ります」と肯定した「手越祐也」は、昨年末に「7~8年」乗っていた自転車を新調したといい、「やっぱテンション上がるよね」と、うれしそうに回答しました。愛車は、「トライアスロン用」に乗るような細い車輪の「タイプ」だそうで、「買って、俺一番悲劇だったのは」と、ある災難について切り出しました。




「ジムまでずーっとね、長い道をバーって「走行して」。あれって、タイヤが超細いから、段差、結構危ないんよ。あと、雨の日。で、行きチャリで行きました。トレーニングして、帰って家まで3/4地点の時に。公園とか、木生えてるじゃん。木ってさ、一段ちょっと段差の下に窪みがあって、そこから生えてるじゃん。そこにズドーンって入っちゃって。で、まぁ大丈夫だったんよ。ちょっとクラッシュしそうだったんだけど」

と、あわや大惨事の「アクシデント」を告白しました。とはいえ、自身の体には問題がなかったため、引き続き大通り沿いを自転車で走るも、異常を感じた時点ですでに「タイヤ」が「パンク」していたそうです。「手越祐也」は「地獄よ。家、もうちょっとだったら「自転車を」押して帰るよ。まだ3/4残ってるのよ。片道、チャリで20分ぐらいの距離なのよ。タクシー呼びましたよね「笑」」と振り返り、「悲しかった」と、その時の心情を吐露しました。続けて、

「まず、マネジャーに電話したの。「ちょっとごめん」と。「今俺、国道で立ち往生してる。助けに来てほしい」って言ったら、「いや、ちょっと今、マネジャー全員が出ちゃってまして」「だよね~」って言って。すぐタクシー呼ぶアプリでタクシー呼んで、「自転車を」後部座席に乗っけて、俺の前に。で、帰ったんだけど」




と、事の顛末語りました。「手越祐也」が話す間、「ウソ~!」などと驚きつつも聞き入っていた「宮島咲良アナウンサー」は「いやもう、何事かと思いますよ。電話もらって「国道で立ち往生」ってね?」と、「マネジャー」の気持ちを想像しました。

一方、「増田貴久」が「今、でも「ホント悲劇だった」って話の始めだったからさ、木の植木のところにガーンって突っ込んで、ちょっと飛んじゃって、「隣の木に引っかかってとれなくなっちゃった」みたいな話かな~と思ったら」と、より壮大な悲劇を予想したことを口にした際は、「宮島咲良アナウンサー」が「そんなプーさんみたいなことあります?」と、「ツッコミ」ました。当の「手越祐也」は「無傷です」と、冷静に言い返していたのでした。

この日は大事には至らなかったというのですが、仕事に支障をきたすほどの怪我がないよう、今後の運転も十分に気をつけてもらいたいものですね。

何とか大事には至らなかったのが不幸中の幸いですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。