中居正広★2新番組★ジャニーズ事務所の処遇★不安視する声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「中居正広★2新番組★ジャニーズ事務所の処遇★不安視する声」の事をお伝えしたいと思います。

「5月3日、中居正広」の新番組「新・日本男児と中居」「日本テレビ系」が「スタート」します。一風変わった価値観を持つ現代日本人の男性と、「スポーツ選手」や音楽家などひとつの分野で成功した「一流ゲスト」が、互いの価値観をぶつけ合います。「中居正広」の仕切りによって展開する「トーク番組」となる予定です。

「今年3月、中居正広」の冠番組「ナカイの窓」「日本テレビ系」と「中居正広の身になる図書館」「テレビ朝日系」が相次いで終了しました。特段、低視聴率や「コンプライアンス」が局内で問題視されているわけではなかった二番組の終了は、「中居正広が「新しい地図」に合流する準備をしているのではないか」と憶測を呼び、事務所の契約更新がある「6月」には、「中居正広」退所の「Xデー」が訪れるという噂まで飛び出しました。

ですが各局の番組改編の発表とともにその噂は払拭されます。「4月27日」には、これまで「バラエティ」を主戦場としてきた「中居正広」の新境地となる情報番組「中居正広のニュースな会」「テレビ朝日系」が「スタート」しています。そして「5月3日」には、得意の「バラエティ」「新・日本男児と中居」も「スタート」しました。「中居正広」の「レギュラー」は新番組で補填されるかたちとなり、「ジャニーズ退所の可能性」はから騒ぎに終わりました。

一方で、この番組改編については「格落ち」と見る向きもあるようです。新番組の「ニュースな会」は土曜の昼、また「新・日本男児と中居」は「金曜深夜30分間」の「関東ローカル番組」であり、終了した「ナカイの窓」「身になる図書館」と比較して「スケールダウン」は否めないからです。一部の「ファン」からは、これを冷遇だとして不満の声も上がっています。

こうしたなかで、「4月18日発売」の「女性セブン」「小学館」が、「ジャニーズ」における「中居正広」の「“処遇”」について、気がかりな記事を掲載していました。




昨年、芸能界を引退した「滝沢秀明」は現在、「約300名」の「ジャニーズJr.」を束ねる子会社「ジャニーズアイランド」の代表取締役社長に就任し、目下「Jr.改革」を断行中です。同時に「滝沢秀明」は、「ジャニー喜多川社長」からは事務所全体の舵を取ることも打診されている身だといいます。

昨年の「ジャニーズ」は「元TOKIO山口達也」の強制わいせつ事件や、「NEWS小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」の未成年飲酒など、重大な「スキャンダル」が相次ぎました。このままでは「Jr.」たちにも示しがつかないため、「滝沢秀明」は「ジャニーズ事務所」に蔓延する「風紀の乱れ」を律していく決意を固めたそうです。

そのうえで「滝沢秀明」は、「ジャニーズ」からの独立疑惑がたびたび浮上する「中居正広」について、「事務所の風紀を乱している」「ジャニーズ愛が足りない」と判断しているのではないか、と同誌は見ています。「2人」の不仲を察知し、今年に入って「中居正広」の番組が相次いで終了した件に「滝沢秀明」の意向があったのではないか、と勘ぐる「内部スタッフ」までいるそうです。

にわかには信じがたい話ですが、もし事実とすれば、「滝沢秀明」の強権によって「中居正広」の立場が「ジワジワ」と追い詰められているということなのでしょう。

「ジャニーズ」の要職に就いた「滝沢秀明」が「中居正広」を睨んでいるという説は、かつての「不仲説」がいまだに影響を及ぼしているようにも見えます。この「不仲説」とは、「SMAP」の解散独立報道が世間を沸かせていた「2016年」の「週刊文春」「文藝春秋」に掲載された、「滝沢秀明」の「インタビュー記事」が決定づけたものです。「滝沢秀明」は「「事務所には」ただ恩返しをしているだけです。僕だけでなく、ジャニーズは全員そう。ただの少年が180度人生を変えてもらったわけですから、感謝するのは当り前。それをわからなかったらアホでしょう」と発言し、これが「SMAP」に対する批判と捉えられたのでした。

「滝沢秀明」の発言に、「SMAP」の「リーダー」の「中居正広」が激怒したとされ、以後まことしやかに囁かれてきた「滝沢秀明」と「中居正広」の「不仲説」です。ですがこれを双方は繰り返し否定しています。




「滝沢秀明」は芸能界引退発表後の「昨年9月」に「週刊新潮」「新潮社」の「インタビュー」に答えましたが、そこで「実は、今回の発表で、一番最初に心配して連絡くださったのは、中居くんなんです。「飯食えてんのか?」ってすごく心配してくれて」「「全然大丈夫です」と返しましたが、だから本当に いい関係なんです「笑」」と「中居正広」との「エピソード」を語り、不仲説を全面的に否定しました。

さらに「昨年12月」、「中居正広のキンスマスペシャル」「TBS系」に「滝沢秀明」が出演し、ふたりの共演が実現した際には、「番組オープニング」で「中居正広」が「滝沢が金スマに出るよって知り合いに言ったら「“滝沢くんと仲悪いんでしょ?ネットに出てるよ”」って言われた」とし、「みなさんが思っている以上に仲が悪いです」と冗談めかして見せました。これに「滝沢秀明」は「何で逆言うんですか!」と苦笑しましたが、「中居正広」は「仲が悪いって「冗談を」言えるくらいの後輩です」と説明し、息の合った掛け合いで噂を否定してみせました。

「不仲説」が取るに足らない噂であることは、こうした「エピソード」からも分かります。ましてや、「滝沢秀明」が「中居正広」を貶めるために「レギュラー番組」を終了に追いやる、というのも考えづらいことです。結果的に、「ジャニーズ事務所」の不利益となるだけです。

どちらかといえば心配なのは、「中居正広」の体調面です。「昨年9月」の「女性セブン」は、「中居正広」が喉の不調から耳鼻咽喉科の「クリニック」に人知れず通院していることを伝えました。同誌によれば、「点滴を受けるために何度も病院へ行っています。体調不良や入院で収録が延期になったことも何度かありました」というから、その体調が気がかりです。「2015年」には精密検査の結果、喉に腫瘍が見つかり手術を受けています。司会業を多くこなす「中居正広」は、喉を酷使することも多いでしょう。

仕事量を減らすのもひとつの選択肢でありますが、「中居正広」は現状、まだ「5本」もの「レギュラー番組」を持っています。十分すぎるほど多忙な日々を過ごす「中居正広」については、「干される」ことを憂うよりも、まずは「働きすぎ」を心配すべきでしょうね。

「中居正広」くらいの人望があれば「2新番組」も安泰な数字がとれるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。