岡田准一★力不足★関係者が明かす★評価が高い&低い★ジャニーズ俳優

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「岡田准一★力不足★関係者が明かす★評価が高い&低い★ジャニーズ俳優」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニオタ」の集客力を見込まれ、これまで多くの映画に「キャスティング」されてきた「ジャニーズタレント」です。ですが、彼らが「一律に実力を認められているわけではない」と映画業界関係者は語ります。

「V6・岡田准一」は、世間で「“現役ジャニーズきっての演技派”」として広く認知されていますが、「鬼才・中島哲也監督作品」「来る」では主演映画にもかかわらず、出番は全編中「3分の2」もありませんでした。役者に厳しいと言われる「中島哲也監督」が演技を気に入らず、編集で出番を減らされたのでは と、もっぱらのうわさです。




東宝の正月映画として大々的に公開された「来る」でしたが、公開前年の「岡田准一」と「宮崎あおい」の結婚の余波も残っていたのか興行は振るわずじまいでした。そんな同作と同時期に公開された、「Sexy Zone・中島健人主演」「ニセコイ」も、「大コケ作品の歴史に名を刻むことになった」といいます。

「ニセコイ」が「大コケ」した理由の一つは男性向け原作でありながら、「ジャニーズ屈指」の美貌を誇る「中島健人」を「キャスティング」したことと言われています。「シリアス」な役柄では「ハマ」る「中島健人」ですが、「ニセコイ」のような「コミカル」な役に徹するには、まだ実力が足りていませんし、「ルックス」が良すぎます。「イケメン」であることを捨てられないうちは、「男性ファン」を獲得することは難しいでしょう。

一方、日本映画界で真に実力を認められている「現役ジャニーズ」はいるのでしょうか。

関西の「ジャニーズタレント」は、どんな役でも爪痕を残そうとする貪欲さがあるので、業界関係者も一目を置いています。特に「ジャニーズWEST」の「重岡大毅」は、「キャスティング」の際に名前がよく挙がる「ジャニーズタレント」の一人です。映画「溺れるナイフ」では、主演の「菅田将暉」にも負けない存在感を放っていました。




「関西ジャニーズJr.」の中にも、「なにわ男子」の「西畑大吾」や「道枝駿佑」など、若いうちから数多くの作品に出演して演技力を磨いている者もいます。

現状、彼らは「主役クラス」よりも二番手や脇役に「キャスティング」されがちですが、「ドラマ」や映画の場数を踏んでいるので、今後いきなり主役に抜てきされるようなことがあっても、正直難なくこなしてしまうだろうなと思います。

日本映画界の救世主は、「関西ジャニーズ」から生まれるかもしれないですね。

なんらかんら言っても「テレビ&映画」業界には「ジャニーズタレント」の力が必要とされているので評価の「良い&悪い」はなかなか言えないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。