滝沢秀明社長★ジャニーズアイランド★激動4カ月★賛否両論の仕事ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「滝沢秀明社長★ジャニーズアイランド★激動4カ月★賛否両論の仕事ぶり」の事をお伝えしたいと思います。

「今年1月15日」に設立された「株式会社ジャニーズアイランド」の代表取締役社長を務め、現在は主に「ジャニーズJr.」の育成に力を注いでいる「滝沢秀明社長」です。昨年いっぱいで表舞台から退き、社長就任後はすぐにさまざまな企画を打ち出し挑戦的な姿勢を見せています。そんな、時に「猛バッシング」も寄せられた「“滝沢秀明社長の4カ月”」を振り返ります。

「アイランド社誕生」のお知らせとともに「ジャニーズファン」を驚嘆させたのが、「アクロバット」を武器に数々の「コンサート」や舞台を支えてきた「Jr.」「内ユニット・Snow Man」の増員でした。彼らは「2012年」より「深澤辰哉、佐久間大介、渡辺翔太、宮舘涼太、岩本照、阿部亮平」の「6人」で活動しており、すでに多くの「ファン」を擁している「グループ」です。そんな「Snow Man」に「関西ジャニーズJr.」の一員だった「向井康二、15歳」の「村上真都ラウール」「現在はラウール名義で活動中」が加わるほか、「宇宙Six・目黒蓮」は「グループ」を兼任することが明らかになりました。

突然の「“9人体制”」の発表に「Snow Manファン」は「パニック状態」に陥り、「6人じゃなくなるなら、名前変えて別のグループにしてほしい」「タッキーに失望した」「タレント側だったのに、ファンの気持ち考えられないんだね」といった否定的な声が続出しました。本格的なお披露目は「3月24日」の「神奈川・横浜アリーナ公演」になるという情報を受けて、「6人支持派」の間で「どうにか新体制を覆せないか」と、「ネット」上で議論が交わされたほどでした。

その後、「9人」は「動画配信サイト・YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」に登場し、「2月」に京都で行われた舞台「滝沢歌舞伎ZERO」は「向井康二」と「目黒蓮」を加えた「8人」で座長を務め、「4月開始」の東京公演からは「ラウール」も含めた全員で「滝沢秀明社長」の作品を引き継いでいます。




「1月17日付」の「スポーツニッポン」には、「滝沢秀明社長」が「Jr.専門」の「グッズショップ」、新たな「ネット番組設立」への準備も進めていると書かれてあり、本人も「今年1年いろいろ仕掛けていきたい」と、意気込んでいました。この「コメント」通り、「1月以降」は新たな計画が続々と始動しています。「2月中旬」に「ライブ配信サービス・SHOWROOM」と手を組んだ「バーチャルジャニーズプロジェクト」が「スタート」し、「関西Jr.・なにわ男子」の「藤原丈一郎」と、「大橋和也」が「“ジャニーズ初のバーチャルアイドル”」に起用されました。

さらに、「3月1日」に「Jr.公式エンタメサイト」「ISLAND TV」が「サービス開始」となり、同月末には「Snow Man」以外にも「Jr.」「内ユニット」の「SixTONES、Travis Japan」が「横浜アリーナ」で「単独コンサート」を開催し、「滝沢秀明社長」が「プロデュース」を担当しました。「コンサート」の一部は「ISLAND TV」にて、「SixTONES」「23日」、「Snow Man」「25日」、「Travis Japan」「26日」の「1公演」ずつ、「500円」「税込み」の「ワンコイン」で配信されました。「ジャニーズ」といえば、かつては「アナログな会社」で有名だっただけに、「コンサート」の生配信は考えられない進歩でしょう。

「滝沢秀明社長」への批判はなかなか収まらず、新たな試みを発表すると同時に辛らつな「コメント」が「ファン」から飛び交うようになりました。というのも、「昨年12月6日夜頃」に、「ジャニーズ」の内部情報を記した「画像3点」が「ネット」上に流出したのですが、そこに記載されていた内容通りに「プロジェクト」が実現している形のようです。それだけに、「内部資料が流出するような事務所にJr.を託したくない。アイランド、しっかりして」「タッキーが嫌いというより、滝沢社長のやってることが嫌い。内部資料流出とかマジでありえない」と、信用を失ってしまいました。

とはいえ、「ISLAND TV」へ寄せられる声は打って変わって好意的なものがほとんどで、特に「Jr.」の動画や、「コンサート」の生配信には「ジャニーズをあんまり安売りしたくない派だけど、これがなかったら絶対見れない動画だった」「ISLAND TV様々、タッキーありがとう!」「生配信、この内容で500円とかめっちゃ安い!タッキーありがとう」といった声が聞かれるようです。「Snow Man」の増員は今もなお賛否両論が出ているものの、「“話題性”」という点では、ある意味で「滝沢秀明社長」の戦略勝ちなのかもしれません。

そんな「滝沢秀明社長」の実務について、「女性セブン」「小学館、4月25日号」が報道しています。同誌によると、かつては運転手付きの車に乗っていましたが、ここ数カ月は自ら車を運転し、「毎朝午前9時」には都内の「ジャニーズ本社」に出勤しているそうです。「アイランド」の「社員10人」を率いて「約300人」の「Jr.」を統括しながら、「Jr.」だけの「ショップ開店」も控え、その目玉商品の「1つ」が「ジャニーズJr.名鑑」だといい、「滝沢秀明社長」自身も「テレビ局」や「ラジオ局、スポンサー」のもとを訪れる際の「“営業ツール”」として活用していると、報じていました。




「週刊女性」「主婦と生活社、5月7日・14日号」によれば、「滝沢秀明社長」は「Jr.」の「イベント出演」に関する交渉も行っているそうです。「Snow Man」の「新メンバー・ラウール」は「3月30日開催」の「マイナビ presents 第28回 東京ガールズコレクション 2019 SPRING/SUMMER」で「ランウェイ」を歩き、「ソロ初仕事」にして「モデルデビュー」を果たしていますが、「滝沢秀明社長」は運営側と「メール」でやりとりを行い、直接交渉したそうです。また、こうした「Jr.」の売り込みを熱心に進める傍ら、新橋演舞場では「滝沢歌舞伎」が上演中となっています。「4月20日」は「SixTONES」の「単独コンサート」の様子を「チェック」しに宮城まで飛ぶなど、確かに多忙な日々を送っているようです。

そして、「滝沢秀明社長」の「プラン」は着々と進行し、「5月30日」には「東京・渋谷」に「Johnnys’ ISLAND STORE」が「オープン」予定となっています。当面は入場予約制になり、「同7日午後12時」に「受付サイト」の案内を開始するとのことです。また「7月」には、「ネットショップ」「Johnnys’ ISLAND STORE ONLINE」も「オープン予定」と判明しています。念願の「ネットショップ誕生」に「ファン」は歓喜に包まれました。

「Jr.」の「ファンクラブ」「ジャニーズジュニア情報局」では、「4月25日」に「デジタル会報」なる「サービス」が「スタート」しています。一連の「デジタル化」は「滝沢秀明社長」の「アイデア」だと捉えている「ファン」は「デジタル会報、めっちゃありがたい!ISLAND TVといい、タッキーが社長になってから、変化があってうれしい」「デジタル会報スゴいね!滝沢社長の仕事の早さと決断力に感服」と、称賛しています。ですが、情報局会員は「会費2,500円」の有料制にもかかわらず、会報が公開されると同時に「Twitter」上に「スクリーンショット」が大量に出回るなど、非会員でも閲覧できる点が問題として浮き彫りになりました。

一方で「4月11日頃、前述」の「アイランド社」にまつわる内部資料とは別に、「Rakuten Live」に関連する内部資料と思しき「データ」が「ネット」上に流出しました。「スケジュール表」によれば、「Rakuten Live」は「5月15日」に「グランドオープン」後、かつて「テレビ朝日系」で放送された伝説の「バラエティー番組」「8時だJ「仮」」が「ジャニーズJr.チャンネル」で「6月1日」に復活するという内容が記されていました。「4月30日時点」で正式な情報は未発表ですが、もしこれが本当だとすれば、「滝沢秀明社長」の実行力には驚かされるばかりです。年内にまだ大きな「サプライズ」は用意されているのか?「滝沢秀明社長」の改革を見守っていきたいですね。

「令和元年」を迎え「滝沢秀明社長」の挑戦的な改革に期待すると共に「ジャニーズ」の未来を託したいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。