村上信五★松岡茉優のモノマネ★ごっつ腹立つ★怒りあらわにした訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★松岡茉優のモノマネ★ごっつ腹立つ★怒りあらわにした訳」の事をお伝えしたいと思います。

「5月4日放送」の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「村上信五、横山裕、丸山隆平、安田章大」が登場しました。「ゲスト」には「SKE48・須田亜香里」と「フリーアナウンサー・川田裕美」が出演しました。今回は、「スタジオ」に「“スターバックス風のカフェ”」「スターバッカシ」の「セット」が作られ、店員として働いている「“自称そっくりさん”」が誰なのかを当てる新企画が「スタート」しました。




まず、「スターバッカシ」の「セット」を見た「村上信五」が「これ、フジアールよう頑張ってくれて。すごいやろ?うちの美術!」と、同番組の美術を担当する「株式会社フジアール」の名前を出し、その「クオリティー」を絶賛しました。ですが、この企画が軌道に乗らなければ「セット」を壊してしまうらしく、「村上信五」は「このコーナースベったら、これで終わりやからね」と「シビア」な一言。「横山裕」も「3回やらないと元が取れない。みなさん、頑張りましょう!」と、具体的な数字を出して気合を入れていました。

「泉ピン子、加藤諒、市原隼人、安室奈美恵、市川海老蔵」などの自称そっくりさんが登場し、「メンバー」が次々と当てていく中、一番の盛り上がりを見せたのが、「松岡茉優」のそっくりさんでした。番組内では紹介されませんでしたが、「松岡茉優」の自称そっくりさんとして登場したのは、松竹芸能所属の「芸人・河邑ミク」でした。どことなく顔が似ているだけでなく、「松岡茉優」の「モノマネ」もできるということで、映画「万引き家族」「2018」より、「演技の間を利用して自分のかわいさをアピールする松岡茉優」という「ネタ」を披露しました。

視線を泳がせ肩を左右させながら、「え?どんな人が好きかって?うーん、無口な人!」と満面の笑みを見せる「松岡茉優」の「モノマネ」に、出演者は大爆笑しました。「村上信五」も「松岡してるね〜。しおらしい演技が、ごっつ腹立つ!」と顔をくしゃくしゃにして手を叩きながら笑っていました。また、「安田章大」も「肩をクイクイするな!」と「ツッコミ」を入れており、「関ジャニ∞メンバー」の「ツボ」に見事に「ハマ」ったようでした。




「村上信五」は「このコーナースベったら終わり」と言っていましたが、「ネット」上では「新コーナーよかったよ!セットもすごかったし、松岡さんのモノマネも笑った」「セットがすごくて驚き!これからもこのコーナー続いてほしいな~」という「“新企画賛成派”」と、「残念ながら、私には微妙なコーナーでした」「派手なセットとかなくてもいいから、メンバー全員が出演するコーナーやってほしい」という「“新企画否定派”」に分かれており、初回の反応は五分五分といったところでした。

果たして、新企画「スターバッカシ」は生き残ることができるのでしょうか。今後に注目したいですね。

「松岡茉優」本人を知っているからこそ「モノマネ」の「松岡茉優」の姿に腹が立つんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。