堂本光一★芸能界入って28年発言★ファン感動の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★芸能界入って28年発言★ファン感動の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「5月4日」に放送された「KinKi Kids出演」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「柳楽優弥」が「ゲスト出演」しました。

同番組は毎回「ゲストのやりたいことをする」という内容ですが、「柳楽優弥」のやりたいこととは、「KinKi Kidsとボウリングをしたい!」というものでした。「なかなか上達しないので、上手な方に教わってキンキさんと対決したい」と話す「柳楽優弥」の「スコア」は、「平均100」なのだそうです。そこで今回は、「女性プロボウラー・名和秋氏」に「アドバイス」をもらい、「3人」で「ボウリング対決」をすることとなりました。




対決の前に、「名和秋氏プロ」が「ボールは親指のサイズで選ぶ」「親指を回して穴の周りに触れるくらいがベスト」と、「ボール」の選び方を「レクチャーしました。さらに「ボール」の持ち方は、「体の中心で構えるのではなく、肩の前に構えるのが正しい」と指導しました。「アドバイス」を受けた「柳楽優弥」が試しに「1球」投げてみると、なんといきなり「ストライク」がでました。「柳楽優弥」の飲み込みの速さに「KinKi Kids」は「ウソ〜!?」「光一」「ウソやん!」「剛」と驚いており、「名和秋氏プロ」も「言うことないです」と感心しました。

そしていよいよ対決に移り、まずは「トップバッター」の「堂本剛」が見事「ストライク」を「ゲット」します。そんな「堂本剛」へ「“ストライク賞”」が贈られたのですが、「名和秋氏プロ」の写真が「プリント」された「アクリルキーホールダー」を渡されると、「堂本剛」は「なんでやねん」と困り顔となります。一方、「堂本光一」は「いいな~!」とうらやましがり、自身の投球が「ストライク」を外すと「キーホルダーほしい~!」と悔しそうな表情を浮かべました。

その後、「名和秋氏プロ」がそれぞれ一度だけ代わりに投球してくれる「名和カード」が登場しました。「名和秋氏プロ」は「柳楽優弥」と「堂本光一」の時には「ストライク」を出したものの、「堂本剛」の時だけは「ストライク」がとれず「スペア」になりました。「秋、どうしちゃったんだよ!」と絶叫し、番組の最後まで「名和秋氏プロ」の「スペア」を引きずる「堂本剛」でした。




その後、「柳楽優弥」が徐々に「スコア」を伸ばし、「第9フレーム」で「KinKi Kids」と大きく差を広げます。最終的に「堂本光一」と「柳楽優弥」の直接対決となるも、すでに「91対132」と大きく点数を離され負けていた「堂本光一」でした。投球前に「芸能界入って28年!ここまで生きてたってことは「“持ってる”」はずや!いくぞ!」と叫び、勢いよく「ボール」を放った「堂本光一」ですが、結果は「ガター」となります。最終的に「堂本剛107点、堂本光一100点、柳楽優弥141点」で、「柳楽優弥」の優勝となりました。

今回の放送では、「堂本光一」の「芸能界入って28年」という発言が「ファン」の間で話題になりました。「ファン」からは「ちゃんと剛さんと出会って28年だってわかってくれてるのがうれしいね。おめでとう、出会ってくれてありがとう!」「28年って数字がパッと出てくる光一さん、さすが!」「今日の「ブンブブーン」、ずっと笑ってたのに光一さんの28年発言で急に感動してしまった」など、感動の「コメント」が「ネット」上に多数投稿されていました。

「28年」の時を「トップアイドル」として突っ走ってきたことが「KinKi 2人」にとっての証でしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。