重岡大毅★思わぬ才能を発見★和ろうそく職人も認めた技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「重岡大毅★思わぬ才能を発見★和ろうそく職人も認めた技術」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「人に役立つミッション」に体当たりで挑む「エージェントWEST!」「朝日放送」です。「5月4日深夜」の放送分では、「重岡大毅」が日本の伝統文化の素晴らしさを広めるため、京都の伝統文化「和ろうそく」職人に弟子入りして、その技術を習得するという内容が放送されました。

奈良時代に中国から日本に伝わった和ろうそくは、江戸時代には京都で「100名」を超える職人が存在していましたが、明治時代に石油を原料とした西洋ろうそくが主流となり、電気の普及とともに需要が減少します。現在和ろうそく職人は「10名」ほどしかいないといいます。




そんな状況を救うべく、「重岡大毅」はまず、和紙に「“いぐさ”」を巻いた和ろうそくの芯を型に刺し、そこにろうを流し込む作業を体験します。芯のついた竹の棒を抜き取る作業にも挑戦しますが、職人いわく、この作業はかなり「コツ」がいるそうで、「できない人の方が圧倒的に多い」そうです。ですが、「重岡大毅」の手さばきを見た職人は思わず「なんとなくコツ掴んでません?」とその腕前に驚き、「重岡大毅」は「思わぬ才能!」と得意げに笑顔を浮かべていました。

さらに作業は進み、和ろうそくの原型がほぼ出来上がるまでになりました。このあと、完成に向けて白くなったろうを素手で和ろうそくに塗り込むという最終工程が待っているのですが、仕上げに使うろうの温度は「約70度」と高熱です。ですが職人は「これは熱い って言っても、僕らは「熱くない」としか言わない」と宣言し、「重岡大毅」は「ちょっと言ってる意味がわかんない」と戦々恐々します。そんな中、「重岡大毅」もこの作業に挑むことになりました。

「70度」の溶けたろうの中に手を突っ込んだ「重岡大毅」は、「熱い~!」と叫び悶絶します。そんな「重岡大毅」に対し、職人は「熱ない!」と気合の一言を投げかけます。しばらく「熱い!」「熱ない!」の押し問答が続きましたが、「コツ」を掴んだ「重岡大毅」は次第に熱さにも慣れ、和ろうそくを白く綺麗に仕上げて見せました。




完成した和ろうそくに火をつけたところ、「上手に作られてるから「ろうが」垂れない」とその出来映えを職人が絶賛します。「重岡大毅」も「めちゃくちゃ楽しかったです!」と、伝統文化に触れた感想をうれしそうに述べていました。

放送終了後には、今回「重岡大毅」が体験した京都の和ろうそく屋へ足を運んだという「ファン」の声も聞かれました。伝統文化の存続に一役買い、文字通り「人に役立つミッション」を完遂させた「重岡大毅」でした。

番組で扱わなければ知ることのできない職人の世界を「重岡大毅」が挑戦してくれたことで「ファン」も新たな才能を開花させた「重岡大毅」を見られて嬉しいでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。