大倉忠義★宮内庁の給料どうなってるんですか★皇室事情にド直球質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★宮内庁の給料どうなってるんですか★皇室事情にド直球質問」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「5月5日」の放送回は、「入りきらなかった未公開全て見せますSP」と題し、未公開映像が放送されました。

雅楽師の「東儀秀樹」が和楽器の世界について語った回では、世間にはほとんど知られていない「“皇居内の雅楽の演奏”」についての「未公開トーク」が登場しました。宮内庁には「701年」の大宝律令の時から続く「国家機関・雅楽寮」「うたまいのつかさ」という雅楽習得の部署があるというのですが、実は一般公募で集められているのだそうです。




「大倉忠義」は「給料形態はどうなってるんですか?」と給料面が気になったようですが、国家公務員と同じ扱いになるとのことです。また宮内庁では、一般公開されないために、世間にほとんど知られていない行事が多くあり、「神武天皇「初代」の命日」や「歴代の天皇の法事」などもあるといいます。その中には、歴史の教科書にも名前が載っている「後醍醐天皇の400年祭」もあるそうで、「うわー!」「すげぇー!」と出演者全員が驚いていました。

また、「ギター」の「テクニック」を紹介した回では「シンガーソングライター・Rei」が、「関ジャニ∞」の「無責任ヒーロー」「2008」を「ブルースアレンジ」で披露する場面があり、「オリジナル」とはまったく違った仕上がりに、「メンバー」も拍手喝采しました。ただ、「村上信五」に「ヤス、いってみよう!」と無茶ぶりされた「安田章大」は、「よっしゃ! とはいかれへん!」と「コメント」します。「古田新太」に「亮、できるんちゃうか?」と話を振られた「錦戸亮」も、「できへん、できへん!」と焦りを見せるほど、かなり難しい「ギターテクニック」のようです。

そして「“ウォーキングベース”」という「歩くような進行のベースライン」を使った「テクニック」が解説されると、「ベースの丸がわかってない」と「大倉忠義」が「チクリ」。これに「丸山隆平」が、「「ウォーキング・デッド」しか知らん!」と「アメリカ」の「人気ドラマ」の名前を出して「ボケ」ると、「大倉忠義」がすかさず肩を「バシ」っと叩き、「お前」と苦笑しつつ「ツッコミ」ました。すると、この回に出演していた「ノンスタイル・石田明」が「俺、ハイキングウォーキングしか知らん」と「ボケ」をかぶせ、「スタジオ」は笑いに包まれていたのでした。




さらに今回は、約半年分の放送から未公開映像が公開されたため、「ファン」は特に、「大倉忠義」の髪形の変化に注目していたようです。現在の茶色がかった短髪から、黒髪の短髪、黒髪でゆるく「パーマ」をかけた「ヘア」、「サラサラ」の「茶色ヘア」と、「VTR」が切り替わるごとにさまざまな「ヘアスタイル」の「大倉忠義」が登場し、時の流れを感じさせました。

「ネット」上では、「未公開集のいいところは、大倉くんのいろんなヘアスタイルを見られるところ「笑」」「内容が切り替わると大倉くんの髪形が変わる。ちょうど映画撮ってる時かなあ」「今日の「関ジャム」はいろんな大倉くんが拝めた!」など、「ファン」ならではの目線で楽しんだ人が多かったようでした。

「大倉忠義」でなくとも日本国民なら誰しも宮内庁の給料がどうなっているのか知りたいと思っているでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。