櫻井翔★バレエ界の重鎮★熊川哲也からガチ注意★夜会で犯した失態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★バレエ界の重鎮★熊川哲也からガチ注意★夜会で犯した失態」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」と「有吉弘行」が話題の芸能人や有名人の素顔や本音に迫る「バラエティ」「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「5月9日」の放送回には、「バレエダンサー」で「Kバレエカンパニー」の創設者である、「熊川哲也」が出演しました。

長らく日本の「バレエ界」を牽引している「熊川哲也」が、「バラエティ番組」に出演するのは珍しく、今回は「華麗なるバレエ人生表裏年表」が紹介されました。「熊川哲也」と同じ「1972年」生まれの芸能人には、「木村拓哉」や「中村獅童」など豪華な顔ぶれがそろっており、その中で「木村拓哉」とは「ドラマ」「GOOD LUCK!!」「TBS系、2003年」で共演経験があるといいます。




これに「櫻井翔」が「「木村と」なにかお話されましたか?」と食いつくと、「僕は「同世代ですよね?」って言ったんですけどね。そしたら、「小3のとき小3だよね?」っておっしゃってくれて」という会話があったと明かした「熊川哲也」です。ですが、「72年11月13日」生まれの「木村拓哉」に対し、「熊川哲也」は「72年3月5日」の早生まれのため、学年的には「1つ」上になります。ですが、当時絶大な「カリスマ性」を誇っていた「木村拓哉」には、さすがの「熊川哲也」も訂正できなかったようで、「「木村の方が学年は」「1個下だよ」とは言えませんでした」と苦笑いしつつ振り返っていました。

さらに、長年の趣味として、「熊川哲也」が「“世界的古書”」を集めているということも明かされました。「主に、自分が作った作品に関係している古書を集めている」というのですが、そこには先人たちの存在を身近に感じ、自分なりの「ロマン」を作り上げていくという理由があるようです。

そこで、「スタジオ」には「熊川哲也」の「コレクション」の中から、世界中の「コレクター」も驚くという「2冊」の古書が登場します。「すごさがわかるか不安なんですけど」という「櫻井翔」をよそに、「ベートーヴェンで一番有名な曲「第九」の作品を作ったんですよ、僕が。ケガから復帰したときに作ったんですけど」と語り始めた「熊川哲也」。「ベートーヴェン」が生きていた時代の楽譜が欲しくなり、「1826年初版」の楽譜を手に入れたのだそうです。




「熊川哲也」はここでおもむろに「ベートーヴェン」の大辞典を開き、「この中にも実際に出てまして。ドイツの国王にこれを献上した」と解説します。その途中で、「櫻井翔」が「えっ!? これが、これなんですか?」と、辞典の写真と「熊川哲也」が持っている実物を見比べ、驚きの表情を見せます。これに対し「熊川哲也」は、「ちょっと待ってください!」と「櫻井翔」を制止し、「一応、僕にもルールがあるので!」と本気で注意します。話の腰を折ってしまった「櫻井翔」は、「すみません」としょんぼりしていたのでした。

「櫻井翔」が「“怒られる”」珍しい場面に、「ファン」からは「興奮のあまり熊川さんに注意されちゃった翔くん、かわいいな!」「翔くんが怒られるなんて珍しい。貴重映像だったわ!」「司会者がゲストに起こられるという、なかなか見ない図だった「笑」」という声が上がっていました。

「1972年」生まれの人は自分なりの厳しい「ルール」を持っている人が多いように思えますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。