高橋海人★スケボー挑戦★こんなに早くできるなんて★根岸空選手脱帽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「高橋海人★スケボー挑戦★こんなに早くできるなんて★根岸空選手脱帽」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「5月6~10日」は、「高橋海人」が「スケートボード」に挑戦しました。練習場に入る前から「立ち入り禁止」と書かれた「ドア」を開けようとする天然ぶりを発揮した「高橋海人」ですが、「スケートボード」の「センス」はなかなかのものでした。




「16歳」の「プロスケートボーダー・根岸空選手」とともに練習をすることになったのですが、初対面でいきなり突き飛ばされた「高橋海人」。これに「おっと、ケンカ始まる?」と驚く「高橋海人」でしたが、どちらの足を「ボード」の前に置くか決めるためだと聞き、「めちゃくちゃ急じゃん!」と「ツッコミ」つつ、安堵の表情を浮かべていました。ちなみに「高橋海人」は、背中を押されたとき左足を前に出したため、「“グーフィースタイル”」に決定しました。

初心者の「高橋海人」は、「ボード」に乗って動く「“プッシュ”」という技から徐々に難易度を上げていき、「ボード」を「ジグザグ」に動かして前進する「“チックタック”」などを「マスター」しました。ですが、「根岸空選手」から「うまい!」と褒められた直後に大きく「ヨロ」けて転倒し、思わず「殺されるかと思った!」と絶句してしまいます。

そこで、「危ないので、サポーターみたいなのを」と「根岸空選手」に勧められて「サポーター」と「ヘルメット」を装着すると、安心感からか上達の速度がいきなり「アップ」します。ですが、後ろの足に重心をかけ、傾斜のある場所で「180度回転」する「“スロープターン”」は、休憩も惜しんで練習をしても、なかなか習得できずに苦戦します。そこで試しに、右足を前にする「“スタンドスタイル”」で挑戦してみると、なんとあっさり一発成功します。今までの練習が「ムダ」だった疑惑が生まれてしまい、「高橋海人」は「ちょっと、プチパニック」と狼狽えていました。




ですが、「高橋海人」はその後も文句一つ言わずにひたすら練習を続け、初心者としては最難関の技「“ショービット”」も、わずか数回で「クリア」してみせます。これには、「根岸空選手」も「こ、こんなにすぐできちゃうなんて!」「早すぎ!」と、驚きのあまり唖然としてしまうのでした。

最終的に、「高橋海人」は「5つ」の「テクニック」を交えながら、「コース」を滑ることに成功しました。余裕の表情にも見えましたが、「ヘルメット」を取ると汗だくの状態で、「ファン」からは「海ちゃんすごすぎる!こうやって何事も尋常じゃない努力をしてるんだろうなあ」「海人のスケボー挑戦感動した!センス以上に、ハートの強さと諦めない気持ちが大事だって思いました」「海人くんのひたむきさ、ありありと伝わってきたよ。努力を惜しまない君のその姿はとてもかっこいい!」と、感動の声が多数上がっていました。

「根岸空選手」の驚きを見ていると「高橋海人」の飲み込みの速さが尋常ではないことを物がったっていますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。