堂本光一★やっぱりKinKi Kidsだね発言★ファン歓喜の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★やっぱりKinKi Kidsだね発言★ファン歓喜の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「5月11日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「三宅裕司」と「春風亭昇太」が「ゲスト出演」しました。「ゲストがやりたいことをやる」というのが「コンセプト」の同番組ですが、「5月31日」から新橋演舞場で上演される「三宅裕司」の座長舞台「翔べないスペースマンと危険なシナリオ〜ギャグマゲドンmission〜」で共演する「2人」は、「KinKi Kids」に「楽屋で作れる料理を教えて!」と「リクエスト」しました。

舞台「新橋演舞場シリーズ」は今回で「第6弾」となりますが、毎回、舞台終わりに楽屋を「“居酒屋”」のようにして、出演者たちと食事をするのが恒例だそうです。その板長が「春風亭昇太」とのことで、毎日楽屋で料理を作っているのだそうです。ということで、「炊飯器と電子レンジのみを使用」「包丁は使わない」「食材はコンビニで買えるもの」という「3つ」の条件を「クリア」した「“簡単楽屋メシ”」に挑戦することになりました。




料理研究家や「料理ブロガー」が考案した「カニカマキムチー」「ポン酢炊き込みご飯」「ツナ缶オムレツ」「サバ味噌煮込みうどん」の「4品」を実際に作っていくことになりましたが、中でも「堂本光一」が「衝撃だな」と「コメント」していたのが、「ツナ缶オムレツ」です。

「ポリ袋」に「ツナ缶、卵、千切りのキャベツ」と「バター、塩こしょう」を入れ、「電子レンジ」で加熱するだけで、ふんわりした「オムレツ」ができるという「超簡単レシピ」ですが、本当に「オムレツ」の形になったことに一同は驚きます。さらに、「堂本剛」が「ポン酢」と「ラー油」を混ぜた「ポン酢ラー油」をかけ、「春風亭昇太」もかつお節と「ソース」をかけて「“お好み焼き風”」「アレンジ」を考案しました。一つの「レシピ」からどんどん「アイディア」が広がっていました。

「4品」すべて食べ終えたあと、それぞれ一番良かった「メニュー」を発表しました。「三宅裕司」は「カニカマキムチー」、「春風亭昇太」は「ポン酢炊き込みご飯」、そして「堂本剛」は「1人で食べても孤独があまりない」という理由で、「サバ味噌煮込みうどん」を選択しました。すると「堂本光一」も「いや~、やっぱりKinKi Kidsだね。サバだね!」「おいしかったっすね、あれ。家でやりたいなと思った」と、「堂本剛」と同じものを選びます。茹でたうどんに「サバ味噌煮」の缶詰を入れ、「電子レンジ」で加熱した後に、しょうがとめんつゆと「刻みネギ」をかけるという「超簡単レシピ」が、「KinKi Kids」のお気に入りとなったようです。




すべての「レシピ」は同番組の「公式ホームページ」に掲載されており、放送後は「ネット」上には「早速、サバ味噌煮込みうどん作ってみた!超簡単でしたよ!」「ちょうどツナ缶があったので、オムレツ作った。おいしい!」との「コメント」が。また、「「やっぱりKinKi Kidsだね」っていう光一さんの言葉に感動した~」「2人で同じもの選んで「やっぱりKinKi Kidsだね」って KinKi Kids最高です!」など、「堂本光一」が放った一言に大興奮する「ファン」も続出していました。

同じ料理を仲良く選ぶ「KinKi Kids」に、「ファン」も「やっぱりKinKi Kidsだね」と心の中で思ったことでしょうね。

「kinki2人」の「コンビ愛」が再確認できたことが「ファン」にとっては嬉しい発言だったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。