中島裕翔★グループ脱退希望★事実ならジャニーズ事務所激怒で追放

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中島裕翔★グループ脱退希望★事実ならジャニーズ事務所激怒で追放」の事をお伝えしたいと思います。

「2016年末」の「SMAP解散」を端緒に、その屋台骨が揺らいでいる「ジャニーズ事務所」です。来年いっぱいで「トップグループ」である「嵐」も活動を休止します。「関ジャニ∞」の「渋谷すばる」が脱退したことを受け、「錦戸亮」が解散を主張したとの報道も記憶に新しいところです。

そんな中、「2007結成」の「中堅グループHey! Say! JUMP」の「中島裕翔」まで「グループ脱退」を希望している、と「5月12日付」の「日刊ゲンダイDGITAL」が報じて居ます。記事によれば、「中島裕翔」は「数年前に映画で共演した同年代の俳優仲間に「グループでの活動にいったん区切りをつけて、俳優として再スタートを切りたい!」と漏らしている」といいます。

「平成ジャンプ」は「2007年」の「デビュー当初、中島裕翔」が「センターポジション」をつとめていましたが、いつからか「センター」は「絶対的プリンス・山田涼介」に交代しました。「中島裕翔」は、「途中から丁寧な説明もなしにセンターを山田涼介に取って代わられた」ことで事務所に不信感を募らせていたといいます。また、「2016年4月」に「週刊ポスト」「小学館」に「スクープ」された「女優・吉田羊」との「7連泊」「熱愛スキャンダル」も、「中島裕翔」と「ジャニーズ事務所」との間に禍根を残しているといいます。

ですがなぜ「2019年」の今になって、「中島裕翔」の脱退希望説が浮上したのか。また、もし「中島裕翔」の脱退意思が事実であるとするならば、「3 年前」の痴漢事件についてはどう考えているのかが気になるところではないでしょうか。




「中島裕翔」は「2016年5月」、「週刊文春」「文藝春秋」によって一般女性への痴漢事件を報じられました。当時の記事によれば、「2016年4月1日」早朝、「30代」の女性会社員から「男性に路上で抱きつかれ、上半身をさわられるなどした」という「110番通報」があり、警察が駆けつけたところ、そこには泥酔した「中島裕翔」の姿があったといいます。その後、「中島裕翔」は警察署に連衡され、任意の事情聴取まで受けています。

女性が被害届を提出しなかったため刑事事件には至りませんでしたが、「ジャニーズ事務所」は「中島裕翔」の痴漢行為を事実であると認め、「泥酔下とはいえ、このような事態になりました点について、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。本人も深く反省しております」と「コメント」していました。

ですが、その後の報道は妙なものでした。「ジャニーズ」に忖度した「大手メディア」は「中島裕翔」の痴漢事件をいっさい後追いせず、この「スキャンダル」は半ば揉み消されるかたちとなったのです。「同年7月」からは「中島裕翔主演」の「連続ドラマ」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「フジテレビ系」が、何事もなかったかのように放送されました。

「ジャニーズ」はその後も「中島裕翔」を推し続けています。「2017年5月」には「男性ファッション誌」「MEN’S NON-NO」「集英社」の「レギュラーモデル」として抜擢され活躍を続けているし、「2018年」には「連続ドラマ」「SUITS/スーツ」「フジテレビ系」で「織田裕二」の相手役をつとめたことも記憶に新しいところです。

「ジャニーズ事務所」は業界内での権力を行使して「中島裕翔」の「スキャンダル」を尻拭いするばかりか、期待の若手として大切に育成してきたことが見て取れます。




このように大切にされてきたであろう「中島裕翔」ですが、本当に「グループ脱退」を希望しているのでしょうか。冒頭に引用した「ゲンダイ」の記事によれば、「中島裕翔」と「ジャニーズ事務所」は「9月」の契約更改に向けて話し合いを行いますが、「中島裕翔」は「自分の希望が受け入れてもらえないなら退所も考えている」と友人たちに漏らしている」といいます。

ですが芸能界はとくに「義理」や「筋」を重んじる世界であり、とりわけ「ジャニーズ」は「タレント」の独立に「“厳しい”」。「2016年」の「SMAP解散騒動」においては、事務所を離れて「新しい地図」を結成した「草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾」は地上波の「テレビ番組」を干され、現在でも活動が制限されていることは周知の事実です。その一方で、独立を撤回して「ジャニーズ残留」を決意した「木村拓哉」を当時、「各スポーツ紙」は「筋を通した」と褒めちぎっていました。

直近では「今年4月、2018年」に「グループ脱退・退所」したばかりの「渋谷すばる」が「ソロアーティスト」として「デビュー」することを発表していますが、「5月9日発売」の「週刊文春」は、「渋谷すばる」の「円満ソロデビュー」の裏には、各方面に「“仁義”」を尽くすべく奔走した「敏腕プロデューサー」の存在があったことを伝えています。「渋谷すばる」本人も「公式サイト」に「ジャニーズへの感謝と、揺るぎない誇り」という殊勝な「コメント」を「UP」しています。「渋谷すばる」の場合はあくまでも円満退所なのです。

「中島裕翔」が「グループ脱退」を希望しているとして、円満に話し合いで解決出来る問題なのでしょうか。「9月」の契約更改まで残されている時間もわずかです。「中島裕翔」自身、事務所上層部の逆鱗に触れればどうなるかぐらいは理解していそうなものですが。

「中島裕翔」以外の「JUNPメンバー」の中にも「グループ脱退」を目論んでいる「メンバー」が居るのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。