松岡昌宏★不良大御所俳優のおっさんに感謝★20~30代の俺を作ってくれた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★不良大御所俳優のおっさんに感謝★20~30代の俺を作ってくれた」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「5月12日」の放送では、「松岡昌宏」が京都の撮影所で出会った先輩俳優たちへ、感謝の気持ちを伝える場面がありました。




「松岡昌宏」は京都にある「東映・太秦撮影所」について、今はもうなくなってしまいましたが、かつて俳優たちが集い、宿泊もできる食堂があったと懐古します。なんでも、そこには「メニュー」がないらしく、「食堂スタッフ」から「“殿”」という愛称で呼ばれていた「松岡昌宏」は、「今日なにあるの?」「味噌汁と漬物、あと納豆つけておいて~」などと「フランク」な会話をしながら、毎回食べるものを決めていたそうです。

また、その食堂でよく見かけたのが「渡瀬恒彦」だったとのことで、「松岡昌宏」は「わざとちょろっと行って「こんちは~」「おお。何「作品」来たんだ?」「○○です」「おう、来いよ」「はい」っつって、何かお話ししたり」と、「渡瀬恒彦」との会話を懐かしそうに披露しました。また、「寺にい」こと「寺島進」も、「松岡昌宏」と同じくよく食堂に来ていたとのことで、「2人」は現在でもいい飲み仲間のようです。

「松岡昌宏」は「ああいう畑が、何かそうね。20代、30代の俺を作ってくれたよね。いい先輩もいっぱいいたしね。だからその、何だろうな。京都でお世話になった人って多いかなあ」としみじみします。そして「北大路欣也さんもそうだし。一番最初の時代劇が「大忠臣蔵」「TBS系、1994」だったってこともあって、「松方「弘樹」さんの息子をやらせてもらって、大石主税でデビューして。でやっぱり、そん時ももうそうだし、もう夏八木勲さんとか、高橋悦史さんとか川谷拓三さんとか。お亡くなりになったけど、そういう方々に声かけてもらったんだよね。俺、ラッキーだったんだね」と、自身に影響を与えた偉大な先輩たちに感謝していました。




そんな先輩俳優たちは、若かりし「松岡昌宏」に会うと「何が面白い?今」と話しかけてくれるのだといい、その質問に答えると、決まって「早くお前、大人になって飲むようになんなきゃダメだなあ」と返してきたそうです。「酒を飲めるようになることが何よりも面白い」と言わんばかりの先輩俳優たちについて、「松岡昌宏」は「いい役者さんっていうか、「“不良のおっさんたち”」がいっぱいいたんだよね」と冗談混じりに話し、彼らの意外な一面を暴露していたのでした。

持ち前の人懐っこさと礼儀正しさで、「松岡昌宏」が大御所俳優たちからとてもかわいがられていることがよくわかる放送回となりました。

何の世界でも同じでしょうが若かりし頃に大先輩にいろんな経験をさせてもらいながら一人前になっていくんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。