松岡昌宏★城島茂の変化に驚き★一味違う★確信した女性へのある発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★城島茂の変化に驚き★一味違う★確信した女性へのある発言」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が、「5月15日」に放送されました。今回は、「人気コーナー」「23区23時のオンナたち」に出演した女性たちの「“その後”」を追いました「特別編」として、衝撃の後日談が次々と明らかになりました。




「1年前、東京・下北沢」の路上で弾き語りをしながら、「人生詰んでるくらいが性に合ってる」と「ネガティブ」なことばかり語っていた女性は、「1年」を経て「バンド」を組み、「今は割とプラス「思考」になったかな」と明るい表情を見せます。そして「初めてバンドを組んで、初めてツアーに出かけたり、ちょっとずつ、本当にちょっとずつだけど、自分のやりたかった方向に進みかけてると思います」と、前向きな発言をしていました。

この「VTR」を見た「国分太一」は、「1年でだいぶ変わったんじゃないですかね。バンド組んだっていうのが大きいのかな?」と「コメント」します。「長瀬智也」も「ちょっと大人になってますよね」と、彼女の内面的な成長に感動していたようでした。また、この女性が「22歳」ということを踏まえ、「国分太一」が「リーダー、22歳の時どうでしたか?」と「城島茂」に話を振ります。これに「城島茂」は、「22はまだデビューしてへんから、寮に住んでたころやわ」と振り返りました。

「城島茂」はこれまでにも、同番組内で寮生活をしていた「ジャニーズJr.時代」の思い出を披露しています。ですが、その「エピソード」はどれも荒んだもので、先月「17日放送回」では、「松岡昌宏」の「TOKIO」入りが決定した際、「城島茂」が寮の部屋で「よう来たなあ。こっち来たら売れへんで~」と声をかけたという、「アイドル」らしからぬ思い出が語られていました。そんな「城島茂」の姿を知っている「国分太一」は、「どうしようもない時だ!」と茶々。




続けて「国分太一」が「パチンコ並んでた時でしょ?」と言うと、「松岡昌宏」も「パチンコするお金もなくて、「バイトしようかな」「と悩んでいた」」と「城島茂」の過去を暴露しました。自堕落な生活を送っていた「Jr.時代」を振り返り、「城島茂」は「「VTRの女性が」「少しずつ自分のやりたかった方に進めてる」って言ってたけど、少しずつでいいのよ」と話すと、「国分太一」は「すごい説得力!」と感心します。「僕自身、22歳はもっと焦ってたから」と女性に共感しつつ、力強く背中を押す「城島茂」に対し、「松岡昌宏」は「令和の城島は一味違うぜ!」と称賛していました。

この日の放送に視聴者からは、「TOKIOはどんな人に対してもネガティブなことを言わないで、優しく見守ってくれてる感じがいいよね」「どうしようもない22歳だったけど、今は立派にTOKIOのリーダーやっててすごいと思う!」「いろいろ経験してきたリーダーの言うことは説得力があるなあ」という声が集まっていました。

「Jr.時代」の下積み生活があるからこそ「城島茂リーダー」の言葉には重みがありますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。