嵐★ファン感謝の裏で超異例対応★5大ドームツアー★メディア関係者招待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★ファン感謝の裏で超異例対応★5大ドームツアー★メディア関係者招待」の事をお伝えしたいと思います。

国内史上最大規模となる、「全50公演」の「5大ドームツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」を開催中の「嵐」です。来年の一時活動休止を控える中で、「「今までコンサートに参加できなかった全てのファンに」というメンバーの希望から、異例のツアーが実現した」そうですが、その裏では各業界関係者にも、「“超異例”」の便宜が図られていたといいます。「テレビ」や新聞をはじめ、「嵐」にかかわったあらゆる「メディア関係者」を、こちらも「“過去最大規模”」で、「コンサート」に招待しているといいます。

この「プラン」は「メンバー発案」のもので、「これまでの恩返しがしたい」という強い思いから、「ジャニーズ史上最多」の招待状が用意されたそうです。




こと「嵐」に関しては、仕事で深く携わっている業界関係者でさえ、「コンサートチケット」の手配を事務所にお願いしても「座席が足りないので」と、断られている状況でした。ですが、今回ばかりは「ジャニーズサイド」から、「テレビ」や「新聞、雑誌、映画会社」まで、あらゆる媒体の担当者に招待状を送っているのだそうです。

なお、現在、「嵐」と仕事をしている関係者だけでなく、過去に「嵐」と関わったことのある人も含め、ほぼ「全員」を招待しているようです。

長年「嵐」を担当した「ベテラン」はもちろん、短い「スパン」で異動となってしまった「スタッフ」まで、先日の「東京ドーム公演」には、相当な「“歴代嵐担当”」が集結していました。それこそ今回の「ツアー」で「初めて嵐のコンサートを見た」という関係者も多かったようです。




今回の「Anniversary Tour 5×20」は、「20年」の歴史を振り返る内容になっていますが、この期に及んで業界内で「“新規ファン”」の獲得にも成功しているといいます。

「コンサート」に初参戦したある業界関係者は、「まるで自分も、20年間、嵐を追ってきたような気持ちになった」と漏らしていて、すっかり「嵐」に「ハマ」ってしまった様子でした。「クリスマス」の「東京ドーム公演」まで、あと「30公演」近くも残っており、恐らく今後も業界内の「新規ファン」が増え続けるのではないでしょうか。

「ファン」だけでなく、実に多くの業界関係者にも感謝の気持ちを届けていた「嵐」です。活動休止までの「約1年半」の間に、さらなる伝説を残すことになりそうですね。

初参戦しただけで「嵐」の虜になってしまうほどの魅力を感じてしまう実力に関係者も脱帽のようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。