櫻井翔★金に困ったことないと豪語★親のスネはかじれるところまでかじる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★金に困ったことないと豪語★親のスネはかじれるところまでかじる」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」と「有吉弘行」が有名人の素顔や本音に迫る「バラエティ」「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「5月16日」の放送には、「俳優・松坂桃李」が登場し、「櫻井翔」とともに「理想の女性」について語りました。

「2012年」に「日本アカデミー賞」で新人俳優賞、「2018年」には最優秀助演男優賞を受賞するなど、俳優として順調な活躍をしている「松坂桃李」ですが、その「プライベート」は非常に地味なのだそうです。そんな「松坂桃李」の素顔を知るため、「挫折を知らない男 松坂桃李の意外と残念すぎる表裏年表」と題し、学生時代の友人や、仕事仲間からの「エピソード」が紹介されました。




芸能界に入る前から端正な「ルックス」の「松坂桃李」でしたが、初恋の相手に「2股」をかけられ失恋したり、極貧乏生活を送っていたりと、「モテ男」というよりは「“残念な男”」だったようです。「侍戦隊シンケンジャー」「テレビ朝日、2009年〜10年」の「シンケンレッド役」で「俳優デビュー」を果たしたものの、その頃は給料も少なく、毎回「ロケ弁」を「2個」持ち帰り家で食べていたといいます。

さらに、実母からの「電話をかけてくるときは毎回「俺だけど、○○円振り込んで」と言って、それだけ」という「タレコミ」が紹介されると、「オレオレ詐欺じゃん!」と「櫻井翔」が「ツッコミ」ます。ですが、食べるものを買う金もなく「おなかが空きすぎて」と「松坂桃李」の弁明を聞くと、「スタジオ」からは「大変だったんだね!」「頑張ったんだね!」という同情の声が続出しました。

そこで「有吉弘行」が「櫻井くんは「お金に」困ったことないの?スーパーに行って、半額シール「を探す」みたいな」と質問すると、「櫻井翔」は間髪入れずに「ないっす!」と返答します。さらに「櫻井翔」は、「親のすねをかじれるところまでかじろうと思って」と明かし、「だって僕、一人暮らし始めたの27歳とかですもん」と告白しました。「嵐」として「デビュー」したのは「10代」だったものの、「ムシャムシャ「親の」すねかじりついてた」と悪い顔で語る「櫻井翔」でした。




その後、結婚願望が強いという「松坂桃李」が、「理想の結婚条件20か条」を発表します。その中で、「嫌な条件」として書かれていた「くしゃみをするときにかわいい音を出す子」という項目に、「有吉弘行」が「嫌なんだ?」と驚きます。すると「櫻井翔」が「俺も嫌だ!」と、思わぬところで共感の反応を見せます。「松坂桃李」が「どうしたんだろう?」と疑問を抱くと明かしたのに対し、「櫻井翔」は「絶対ウソじゃん!あんなの!」「あんなのウソだよ!」と鋭く指摘していました。

ですが「ファン」からは、「豪快なくしゃみをしないように、気を使ってるだけだと思うんだけど」「わざとじゃないのに、翔くんに全否定された。つらい」「多分私、翔さんが言う「“かわいいくしゃみ”」だと思うけど、これが素なんです。ウソって決め付けられるのは悲しいな」などと反応が聞かれました。「トーク」を盛り上げるための発言だったとしても、やや言い過ぎてしまったかもしれないですね。

「櫻井翔」らしい男前な返答に「ファン」も納得せざるを得ないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。