櫻井翔★やつらに夢を与えた&俺のおかげ★後輩ジャニーズに得意顔の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★やつらに夢を与えた&俺のおかげ★後輩ジャニーズに得意顔の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が、「5月16日」に放送されました。この日の対戦相手は、「アンジャッシュ・児嶋一哉」率いる「チーム人力舎」です。「嵐チーム」に加わる「プラスワンゲスト」には、「V6・坂本昌行」が登場しました。

「ゲーム前」の「トーク」では、「ジャニーズ事務所所属タレント」ならではの話が展開されました。その中で、「ステージ上のミス」について話が及ぶと、「坂本昌行」が「“リフター”」での苦い経験を明かします。「ジャニーズアイドル」の「コンサート」でよく登場する「リフター」とは、「ステージ自体」が上下する大型装置です。「坂本昌行」は「あれに乗っかったつもりだったけど、パッて後ろ見たら、俺だけ下がってた」経験があったと告白していました。




「嵐メンバー」はこれを聞いて大笑いしていましたが、「坂本昌行」が「嵐もあるでしょ?」と聞くと、「櫻井翔」が「僕ら「“動くステージ”」があるんですけど、僕が1人で乗ってるはずだったのに、横見たら大野「智」さんがいたことあった」と笑いながら暴露しました。「本当は隣「のステージ」に乗るはずだったのに、間違えて僕のステージに乗っちゃった」そうで、この話を聞いていた「大野智」は思わず苦笑いしました。

「櫻井翔」はさらに、「大野智」がその後「ジャンプ」して「ステージ」から降り、本来自分が乗るはずだった「ステージ」まで走って移動したという、「マジメ」過ぎる一面も告白しました。これには「スタジオ」も笑いに包まれていましたが、「櫻井翔」が「危なくない?」と「大野智」に問いかけると、「大野智」はいたって「クール」に「人間って、ああいうときは走るんだなって思って」と「コメント」します。「櫻井翔」は「走るって言ったって、「“客席”」走ってるんですよ!?」と「ツッコミ」つつ、「あれはビックリした」としみじみ振り返っていました。

その後、最終対決「ボンバーストライカー」前の「トーク」では、「ジャニーズ事務所あるある」で大盛り上がりしました。「相葉雅紀」が「ジャニーズの人がみんなバク転できるって、あれウソだよね」と言うと、「櫻井翔」が「多分、「“都市伝説”」だと実証されたのは、俺のおかげだと思うよ」と「ドヤ顔」で、その理由を説明しました。




「櫻井翔」は「嵐」が「V6」の「直系の後輩」だとしつつ、「V6さんはとにかくアクロバットがすごいんですよ。全員「バク転」できる。それで、バックの「ジャニーズ」Jr.も「できなきゃならん」っていうことで、全員でバク転する曲が生まれたんですよ」と回想します。ですが「そこで俺は、どこまでいってもバク転ができないってなったわけ」と、猛練習したにもかかわらず、「バク転」を習得できなかったと語りました。それでも「櫻井は翔」「Jr.」として活動できていたため、「「バク転が」できなくてもまだいられるんだ」と確信しました。そして「あとに続く、できないやつらに夢を与えた!」と豪語していました。

この日の放送に「ファン」からは、「いろんな意味で、嵐は後輩ジャニーズの夢だと思うよ!」「バク転できなくても、別の分野で活躍できるんだし問題ない!」「翔さん、いつでも後輩思いだね「笑」」という声が寄せられました。

「櫻井翔」が「バク転」ができなくても「トップアイドル」で居られることを証明できたということのようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。