神宮寺勇太★ZIP!スタッフに失言ですよ★注意で一触即発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「神宮寺勇太★ZIP!スタッフに失言ですよ★注意で一触即発」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「5月13~17日」の放送回には「神宮寺勇太」が登場し、「テコンドー」に挑戦しました。

道着を着て「押忍!」と登場した「神宮寺勇太」、実は空手の経験者で、中学時代には全国大会で「第2位」という成績を収めています。道着が衣装だったためか、すっかり「“その気”」でいる「神宮寺勇太」は、「「何やりたいですか?」って聞かれるたびに、僕、「“空手”」ってずっと曲げずに言ってきたんで」とかなりうれしそうです。




ですが、道場に到着して練習風景を見た「神宮寺勇太」は、「ちょっとすみません あの、これ空手じゃないですよね?」と、あ然とします。腑に落ちない表情のまま、「テコンドー」に挑戦することとなり、まずは実力を確認するため、競技を体験してみることになりました。

胴体を蹴ると「2ポイント」、頭部を蹴ると「3ポイント」が入る「トライアル」に挑戦した「神宮寺勇太」でしたが、「テコンドー独特」の「スピード」についていくので精一杯です。空手と「テコンドー」では「“蹴り方”」がまったく違うらしく、「神宮寺勇太」は「大いに異なる。マジdifferent「違う」」と独特の「コメント」をするも、「スタッフ」からは完全に「スルー」されていました。

その後、「ティフリギ」という、「テコンドー」には欠かせない後ろ回し蹴りの技で、「ミット」を蹴ることに挑戦します。ですが、「神宮寺勇太」は足が高く上がらず、師範が持つ「ミット」になかなか足が当たりません。すると師範は、「ミット」の位置を下げるという「“忖度”」を見せ、すかさず「スタッフ」が「今、ミット当てに行きませんでした?」と「ツッコミ」ました。「神宮寺勇太」と師範は息を合わせて「そんなことない」と、素知らぬ顔をしていましたが、結局「“イエローカード”」が出されていました。




ここまで、まったくいいところを見せられていない「神宮時勇太」が最後に挑戦したのは、見た目が派手な「ターントリチャギ」という技でした。回転を入れた蹴りが特徴で、これで板を割ることに挑戦すると、なんと一発で成功します。これには「スタッフ」が思わず「「“初めて”」かっこいい姿を見た」と称賛するも、「神宮寺勇太」は「初めてって、だいぶ失言ですよ!」と反論します。「スタッフ」が「今日1番かっこよかった」と訂正すると、満足そうに胸をなでおろす「神宮寺勇太」でした。

今回の放送では、「神宮寺勇太」と「スタッフ」のかけあいが多く、「神宮寺くんとスタッフさん、どんだけ仲良しなの!やりとりにほのぼのした~」「スタッフさんから、「“神宮寺愛”」を感じる「笑」」「スタッフさんのイジりで面白さが増してる!ありがとうございます!」との声が多数寄せられました。

良い番組企画になるかどうかはやはり「スタッフ」との普段からの良い関係があるからこそ「ファン」も楽しめる企画になっているんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。