山田涼介★出待ち制度★ヒール脱いで追いかけてくる★恐怖体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「山田涼介★出待ち制度★ヒール脱いで追いかけてくる★恐怖体験」の事をお伝えしたいと思います。

「5月9日」に「26歳」の誕生日を迎えた「Hey!Say!JUMPの山田涼介」です。「16日放送」の「ラジオ番組」「Hey! Say! 7 UltraJUMP」「文化放送」では、「ジャニーズ事務所」に入所した当時のある「“恐怖体験”」を振り返りました。

「山田涼介」はこの日の冒頭で、「私事ではありますが、26ちゃいになりまちた~!どうもありがとうございます~!」と、赤ちゃん言葉を交えつつ、「リスナー」に報告しました。「2004年8月」に「バラエティ」「Ya-Ya-yah」「テレビ東京」内で開催された「公開オーディション」に合格し、「ジャニーズ事務所」入りを果たしましたが、「16年目。早いね~」と感慨深げにつぶやきました。そして「初めてファンの人にもらったファンレターがありまして」と、「11歳」だった頃を思い返し、当時は「ファン」による「“出待ち”」制度があったことに言及します。ですが、入所したばかりの「山田涼介」は、その習わしを把握していなかったそうで、当時のこんな体験を明かしました。




「レッスン場」から帰る時に、「1人」の女性が「あ、山田くん!」みたいな感じで声かけてくれたんです。それで僕、親に「知らない人に声かけられたら逃げなさい」って言われてたから。マジでたぶん、人生の中で一番速いスピードで逃げたわけですよ。とんでもないスピードで逃げたの。そしたら後ろから、「山田くん!ちょっと待って~!」みたいな。もうヒール脱いで追いかけてくるわけ。怖くて、スピード上げるわけよ、こっちは。だけど、後ろから、「待ってファンだから!こういうシステムだから!」みたいな感じで言われて、初めて出待ちというものを知ったわけですよ」

事務所や先輩たちからは、出待ちについて何の説明もなかったため、「教えてくれてもいいわけじゃん、そんなの」と、今になって「ボヤく」「山田涼介」。最近の「ルール」に関して、「今は出待ちのシステムはなくなったのかな?あんまり見かけないかな?」「まぁ、番組によってとかはあるのかもしれないけど」と話しており、「15年前」とは「ファン」との距離感も変わってきているようです。こうした「11歳時」の「ショッキング」な出来事は、よほど印象に残ったらしく、「ホントに忘れもしないんですけどね」と、しみじみします。

最初に「ファンレター」を受け取った際の状況を回顧した後は、「今ではね、たくさんの方に応援していただいて。たくさんの方からファンレターいただいて。16年も頑張れてるわけですから。26歳になった山田涼介も応援していただければな、というふうに思います!」と、「ファン」に呼びかけました。




ちなみに、今回の収録は誕生日前日にあたる「8日」の「午後9時台」に行われているといいますが、「今日の予定は、この後帰ったらオンラインゲームやらなきゃいけないから。たぶん0時0分に関して言えば、俺はもうずっと引きこもってるから、たぶん携帯「電話を」見ない」と、断言します。一方、「公式携帯サイト・Johnny’s web」の連載「JUMPaper」「12日付」によれば、日付が変わる「タイミング」は「ラジオ」で明かした通りの過ごし方をしていたそうです。

「ジャニーズ16年目」の「山田涼介」にとって、実りある「1年」になることを願いたいですね。

「11歳」の少年が「ファン」から受けた恐怖体験が今もなお「トラウマ」になっているように思えますね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。