堂本剛★この仕事は向いていない★芸能界で生きる理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「堂本剛★この仕事は向いていない★芸能界で生きる理由とは」の事をお伝えしたいと思います。

「5月8日」の「横浜アリーナ公演」を皮切りに「ENDRECHERI」の「ツアー」が始まっている「堂本剛」「Kinki Kids」です。昨年に引き続き、今年も「大型野外音楽フェス・SUMMER SONIC 2019」への出演が決まるなど、充実した活動が続いています。

「堂本剛」は「4月10日」に「40歳」の誕生日を迎えたばかりです。不惑の年となったわけですが、今も彼の心のなかには悩みや葛藤が渦巻いているようです。

「音楽と人」「音楽と人」「2019年6月号」の「インタビュー」で「堂本剛」は「向いていないと思うので、この仕事を辞めて、何か違う仕事をしながら普通に生きていこうかなって想像することはありますよ」と発言しています。いまだに芸能界に生きることへの違和感が拭えていないことを明かしたうえ、このように語っていました。

「疲れているのにそれを見せず「全然疲れてません。まだまだいけます」って、コメントとして言おうと思えば言えるけど、今の自分はそういう精神がないんです。だから、「疲れてますよ。そんな中やってるんですけどね」っていう枕詞がついちゃうんです。40歳が不惑というのであれば、それは僕にとって「疲れてます」って、迷わず言えることでもあるのかな」




疲れを素直に表明できるのは、まずいことではありません。無理を重ねて突っ走り、倒れてしまうよりずっと良く、その「バランス」を理解しあいながら働ければ、それは多くの人の生活を「ラク」にするでしょう。芸能人は大なり小なり虚像を演じることを強いられますが、そんな業界において「堂本剛」は、迷わず「疲れてます」と言える居場所を見つけているのでしょうか。

ただ、芸能界に生きることについて、「同インタビュー」のなかで彼は「作られた優しさの中にいるのはすごくしんどいし、疲れる」とも語っています。それは、虚飾に彩られた「東京」自体への疲れなのかもしれません。「2018年9月29日放送」「SONGS」「NHK」で「インタビュアー」から「故郷・奈良」について聞かれた際に彼はこんな言葉をつぶやいていました。

「ここにずっといられるなら、ここにいたいっていう場所ですかね。僕はもう何十年と、生きづらいなと思って東京にいるんで、ここに戻ってきた方が無理もしなくていいし、余計なことも考えなくていいし、自分本来を守ってあげられるっていうか。自分のことを愛してあげられる時間が、こっちの方が増えるなぁっていう印象なんで」

では、なぜそんな辛い気持ちを抱えてまで彼は東京で仕事を続けているのでしょうか。

それは、音楽と、音楽を通じて出会った人とのつながりがあるからでしょう。前掲「音楽と人」で彼は、自分の人生にとって音楽がいかに大切なものなのかも語っています。




「音楽にすごく救われてますよね。音楽を通じて出会った人も多いし、めちゃめちゃ大きいですね」
「もっと単純に、仲間や家族、メンバー、オーディエンスの人たちと平和に暮らしていけたらなって思ってる。そういう思いがあるから、耳は壊れていても、音楽はやりたい。この身体で体現できる音楽を追求したい」

「40代」になって初めての放送となる「4月29日放送」「Kinki Kidsどんなもんヤ!」「文化放送」のなかでも、彼は「本当はね、大学とか行きたかったですけど。服飾とか行きたかったんで」と人生でやり残したことを振り返りつつ、「でも、ジャニーさんが音楽やりなよってところから音楽が始まっていくという。まあ、とにもかくにも、僕の人生はほぼ音楽ということで時を刻んできたな」と、音楽に出会って、それを仕事にできたことに感謝を捧げていました。

知っての通り、彼は「2017年」に左耳の突発性難聴を患い、現在でも完治はしていません。「ライブ」では耳栓をつけるなどして左耳への負担を下げるかたちで演奏を行っています。ですがそれは、右耳への負担を増やしてしまうことでもあるし、また、「レコーディング」などの場面では思うように動いてくれない身体に悔しい感情を抱くこともあるようです。

それでも彼は「ENDRECHERI」の活動を続けていきます。昨年は「SUMMER SONIC」や「イナズマロックフェス」といった「音楽フェス」に出演しました。そのことで強く感じたのは、自分自身の達成感はもとより、ずっと一緒にやってきた「バンドメンバー」が「ENDRECHERI」で「フェス」に出られたことを喜んでくれたことに対する嬉しさだったといいます。

「堂本剛」が「ENDRECHERI」で追求してきた「ファンク」は、彼を「ジャニーズ事務所のアイドル」という色眼鏡で見ていた人をも巻き込みつつあります。「インターネット」との関わり方をはじめ「ジャニーズ事務所」の戦略には保守的な面が多くありますが、そういった側面を飛び越えて「ENDRECHERI」の音楽が多様な価値観をもつ人に届くといいでしょう。そしてそれは、「男性アイドル」のあり方に対して新たな「ロールモデル」を提示することにもなるでしょうね。

己との戦いで「ファン&バンドメンバー」に向けた「メッセージ」には「堂本剛」の覚悟が伝わってきますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。