JUMP★ツアー中止★一部ファン暴走★キンプリファンへのけん制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「JUMP★ツアー中止★一部ファン暴走★キンプリファンへのけん制」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」は「5月19日、Hey!Say!JUMP」が「2007年」の「デビュー以来」続けてきた「アリーナツアー」を、本年は見送ると発表しました。かねてから問題視されてきた「一部ファン」による「マナー違反」に対し、ついに「“コンサート中止”」という措置が取られることとなりましたが、業界関係者は今回の発表について「ジャニーズによるデモンストレーション的な意味合いが強い」と、みているようです。

この日、「ジャニーズ事務所」の「公式サイト」「Johnny’s web」で、「この数年メンバーからも直接のお願いをさせて頂いておりましたが、ツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする状況が改善に至らなかった」として、今年の「アリーナツアー中止」を発表しました。「メンバー」にとっても「苦渋の決断」であること、「来年以降の全国ツアー再開を希望」していることも説明されており、「ネット」上には「ファン」の悲鳴が飛び交う事態となりました。




多くの「ファン」が、中止の発表に「ショック」を受けつつも「一部のマナー違反者のせいだ」と指摘しているように、「同グループ」の「ファンマナー」は以前から物議を醸していました。

「2017年8月」の時点で、「メンバー」の「八乙女光」は「Johnny’s web」の「グループ連載」「JUMPaper」内で「ファンマナー」に関する注意喚起を綴っていたのですが、「同9月」の「横浜アリーナ公演」では会場の周りに「チケット」を持たない「ファン」が殺到し、近隣に迷惑をかけていたことが報じられてしまいました。これを受け、「高木雄也」も同月末の「ラジオ番組」「Music Bit」「FM OH!」で「「当時、初公演を控えていた」和歌山がね、最初で最後にならないように」と、迷惑行為によって会場が不使用になる懸念があることを匂わせたようです。

ですが「翌18年」の「ツアー中」も、「八乙女光」は同連載内で「新潟からの帰りの東京駅、マナーの悪い人が多かったです」などと苦言を呈していました。

この時、「八乙女光」は「ライブの開催自体を考え直す」と述べていましたが、その後も「一部ファン」の「“暴走”」は収まらず、今年「1月」にも「メンバー」が利用した空港や飛行機内での「トラブル」が報告されています。その結果、「ジャニーズ」は今年の「ツアー中止」という、目に見える形での「“制裁”」を下すに至ったのでした。




今回のことは当然、「同グループ」からの再三の注意を無視した「一部ファン」に対する警告でありますが、それ以上の狙いも含まれているようです。

「Hey!Say!JUMP」の「ツアー中止」をあえて発表することで、ほかの「グループ」の「ファン」にも危機意識を持たせたいのでしょう。特に昨年、初の「コンサートツアー」を行った「King&Princeファン」への注意喚起の意味合いが強いのではないでしょうか。というのも、「宮城・仙台駅」に多くの「ファン」が詰めかけ、新幹線が遅延する騒ぎが勃発していましたから。こうした問題が続けば無関係の一般人に「ケガ」を負わせてしまったり、警察沙汰になってもおかしくないので、「ジャニーズ」も対応しないわけにはいきません。そこで「メンバー」からの直接注意を経て、ついに問題の起点となっている「コンサート自体」の中止に踏み切ったようです。

良識的な「ファン」は「今回の判断は仕方ない」と受け止めているようですが、全ての「ファン」に、「メンバー」や「ジャニーズ」の真意が伝わることを祈るばかりですね。

「マナー」を守れない「一部ファン」が居るようなら今回のような措置は仕方がないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。