二宮和也&三山ひろし★けん玉トーク★2級取得も小学生が喜ぶやつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也&三山ひろし★けん玉トーク★2級取得も小学生が喜ぶやつ」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が、「5月19日」に放送されました。この日は、「4日放送」の「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」内「コーナー」「隠れ家ARASHI」で話題になった、「二宮和也」の「“けん玉好き”」な一面について語られました。




「嵐にしやがれ」の「ゲスト」には、「演歌歌手・三山ひろし」が登場しました。昨年末に放送された「第69回NHK紅白歌合戦」では、「三山ひろし」の歌唱中に「124人」が連続で「大皿」という技を成功させ、「ギネス記録」を達成する「パフォーマンス」が話題になりました。「二宮和也」も特技はけん玉だと公言しており、「嵐にしやがれ」で「2人」は「“けん玉トーク”」で意気投合します。この際、「二宮和也」は「けん玉検定」なるものに挑戦します。級位判定の試験官ができるほどの腕前を持っている「三山ひろし」に見守られつつ、「二宮和也」は「2級」を収得しました。

「ラジオ」でも「二宮和也」の「けん玉トーク」は盛り上がり、「本来は多分、10級だと大皿に乗せてください、9級だと中皿に乗せてください、8級だと小皿に乗せてくださいってあるんだけど。本来だと、9級だと大皿に2回、中皿に1回。8級だと大皿に3回、中皿に2回、小皿に1回、みたいにどんどん増えてくの。7級だと中皿に3回、小皿に2回、けんに1回とかって。前の級のやつを引きずって、どんどん回数が増えていくシステムなの、階段みたいになってて」「実際の級位認定は日本けん玉協会HPを参照」と、けん玉検定について解説しました。

その後「二宮和也」は、級の判定基準が非常に緩かったことを明かしながら、「多分だけど「級」って、小学生が喜ぶやつなんだろうね。俺すごく喜んでたけど」「みんなも、ちょっと頑張れば取れるやつなんだろうなって思って」と悟ります。ですが、気を取り直したように「でも、2級だから。俺は信じてるよ!もらったからね2級」と胸を張る「二宮和也」でした。




また、検定を受けられるのは「1日1回まで」としつつ、「「午後」11時半とかに受けて失敗して、復習して、また12時超えて受けるってのも、三山くんと飲んでたらできる!」と、級位判定ができる「三山ひろし」と一緒にいれば、検定を受け放題だと冗談交じりに「コメント」しました。「三山ひろし」と同じく、自身が級位判定できる階級に上がったら、「「ちょっとけん玉やってみなよ」って、俺なら言っちゃうよ。判定する能力があったら、俺に」と語り、今後もけん玉検定に挑む姿勢を見せていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「楽しそうにけん玉の話する二宮くんかわいい!」「いやいや、けん玉検定2級ってすごくない!? 誰でも取れるものじゃないと思うよ」「ニノちゃん、どんだけけん玉好きなんだ「笑」」という声が集まりました。

「三山ひろし」との「けん玉トーク&意気投合」は「ファン」も楽しくなりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。